CES 2018で見つけた「イケてる」ガジェット10選 4Kプロジェクターから … – WIRED.jp



4K超短焦点プロジェクター「LSPX-A1」(ソニー)

可能な限りシックな見た目で、金属とガラスでできた脚、木の棚、そして人工大理石でできた天板で仕上げられたコーヒーテーブルを想像してみよう。できただろうか。では、それがテレビと音響システムがひとつになったものでもあると想像してみよう。

ソニーの超短焦点プロジェクターは、たった9.6インチ(約24cm)の距離から、壁に120インチもの大画面を投影する。レーザーによる2,500ルーメンもの明るさで、壁を美しい4K HDRテレビに変身させてしまうのだ。

有機ガラスでできた脚はトゥイーター(高音用スピーカー)の役割を果たし、3つのミッドレンジスピーカーが台座部分に、さらにサブウーファーが床の近くにある。この3つを組み合わせることで、力強く正確な3Dサウンドが生み出される。

ソニーの「Life Space UX」チームが開発したもので、値段は30,000ドル(約333万円)する。だが、誰が一体これほどまで見栄えのいいものに値段をつけることができようか。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す