カシオ「PRO TREK」初スマートウォッチはオフライン地図対応「WSD-F20」! – 週刊アスキー




CES 2017レポート
第2回

Android Wear 2.0、低消費電力GPSを搭載

2017年01月05日 10時09分更新

文● 飯島恵里子/ASCII

ベゼルの12時位置に配置された「PRO TREK」ロゴが胸熱。WSD-F20 -RGオレンジ、価格5万5080円、2017年4月21日発売予定

 カシオ計算機は1月5日、アウトドアウォッチ「PRO TREK(プロ トレック)」シリーズから、Android Wear 2.0を採用し、低消費電力GPSとオフラインで利用できるカラー地図を搭載した「WSD-F20」を発表した。2017年4月21日発売予定で価格5万5080円。

 2016年3月に発売したアウトドア用途に特化したスマートウォッチ「Smart Outdoor Watch WSD-F10」(以下WSD-F10)は、ブランド名が付かず同社内の他ブランドと一線を画していたが、WSD-F20はPRO TREKの新シリーズ「PRO TREK Smart」という位置づけになる。

カラーバリエーションは2色。こちらWSD-F20-BKはブラック

スマホに依存せずにオフラインでカラー地図が利用可能

 アウトドアシーンで役立つ大きな特徴は、低消費電力GPSオフラインで利用できるカラー地図。スマートフォンの電波が届かない環境や、スマホを手に持てないウォータースポーツ時でも、WSD-F20単独で地図などを利用できるため、屋外でのアクティビティを強力にサポートするとうたう。

ダーク、ライト、サテライトビューなど多彩な地図デザインをラインアップ。アクティビティの種類や使用目的に合わせて、好みのデザインを利用できる

 WSD-F20は、多様なデザインを持つMapbox社の地図データを採用。行き先の地図を事前に、WSD-F20上にダウンロードしGPS情報と連動することで、オフラインでも地図上に取得した位置情報を表示する。地図は、スマホに依存することなくWSD-F20単独でダウンロード可能で、iPhoneユーザーも利用できるのが特徴だ。地図の拡大縮小は、本体サイドのボタンと液晶ディスプレーをタッチすることで操作できる。

オフライン地図を活かした独自アプリ「ロケーションメモリー」

 屋外アクティビティをより豊かにするアプリが、ロケーションメモリー。オフライン地図上に、文字やマーカーでメモなど、行動の軌跡を残すことができるというもの。登山途中で見つけた絶景のポイントや釣りのポイントなど、地図に目印がない場所でも、約30種類のマークの中から選択し記録を付けたり、電波圏内であればスマホと接続することで音声入力により文字でメモを残すことができる。


ロケーションメモリーではさまざまなマークのデザインが用意されている

 ナビゲーション機能やリマインド機能を備えるため、記録した場所に再訪する際に役立つという。リマインド機能に付随した「また来たい」マークは50件つけることができ、それ以外のマークは理論上は無限で設定できるが、実際にはWSD-F20のメモリーの空き容量次第である。

オリジナルのウォッチフェイスも豊富。GPS機能と地図データを活かした新デザインも用意されている。左は「ロケーション」、次は「トラベラー」

 そのほかにも「アクティビティ」、「MOMENT SETTER」、「ツール」など、従来機WSD-F10に採用されていた専用アプリが、搭載される。

 アクティビティアプリは、トレッキングやサイクリング、フィッシングを楽しんでいるときに、計測データをリアルタイムで表示する。トレッキング時は地図上で行動の軌跡を表示したり、スノーでは、地図上に滑走1本ごとの軌跡や最高速度を表示する。

 MOMENT SETTERは、各アクティビティに夢中になっている時に、必要な情報を自動で通知するアプリ。釣れ時や休憩のタイミング、残りの高度など、あらかじめ設定した条件に基づいて通知をする機能だ。

 ツールは、圧力センサー、方位センサー、加速度センサーを用いて、自然環境の変化や活動量など、各アクティビティで必要な情報を計測し、表示するアプリ。方位や高度、気圧計測に加え、日の出/日の入り、タイドグラフ、活動量グラフなどの表示に対応している。





この特集の記事


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す