東芝、地デジも高画質で映す4K液晶テレビ「REGZA C310X」 – 49V型で … – マイナビニュース



東芝は19日、4K対応の液晶テレビ「REGZA C310X」を発表した。発売は4月28日で、価格はオープン。推定市場価格は、49V型の「49C310X」が160,000円前後、43V型の「43C310X」が130,000円前後(いずれも税別)。

49C310X

49C310Xは、映像処理エンジンに「レグザエンジンBeauty」を採用した4Kテレビ。この「レグザエンジンBeauty」には「地デジビューティ」機能が内蔵されており、「地デジ精細感復元」「カラーテクスチャー復元」「地デジノイズクリア」などにより、地上デジタル放送のノイズを低減する。

チューナーは、地上/BS/110度CSデジタル×3基を搭載。番組を視聴しながら、同時に別の2番組を録画できる。音響面では、剛性を強化した新型バスレフボックスのスピーカーシステムを搭載。10W+10Wのスピーカーにより、明瞭で厚みのある高音質を出力する。

「4K瞬速ゲームダイレクト」により、ゲームに必要な高画質処理を行いつつ、画像処理の遅延時間を短縮。遅延時間は「4K液晶REGZA」では最速となる約0.83msecを実現した。

録画機能も充実しており、好きなテーマの番組を自動で録画する「おまかせ録画」機能を搭載する。また、選択した人物や番組ジャンルなどに関連した動画をリストアップする「みるコレ」を利用可能。ひかりTVの4K-IP放送や、Netflix / ひかりTV 4K / dTV / 4Kアクトビラ / YouTubeといった4K動画配信サービスもサポートする。6月下旬には、DAZNに対応するバージョンアップも開始予定だ。

液晶パネルはIPS方式で、直下型LEDバックライトを採用。画素数3,840×2,160ドット。映像入力インタフェースはHDMI×4、コンポジットビデオ×1。無線LAN機能を搭載するほか、有線LAN×1基とUSB×2基も備える。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す