【2/10~2/16 週間ランキング】ニコン「DL」シリーズ3機種が発売中止に




【2/10〜2/16 週間ランキング】ニコン「DL」シリーズ3機種が発売中止に

2017年2月17日 16:30掲載

毎週末、「価格.com新製品ニュース」でアクセス数の多かったニュース記事をランキング形式でお届け。2017年2月10日〜2月16日に公開したニュースのランキングトップ10は以下のとおり。

■1位 ニコン、プレミアムコンデジ「DL」シリーズ3機種の発売中止を決定…2月13日

ニコンは、発売時期を未定としていたコンパクトデジタルカメラ「DL」シリーズの「DL18-50 f/1.8-2.8」「DL24-85 f/1.8-2.8」「DL24-500 f/2.8-5.6」について、発売中止を決定したと発表した。「DLシリーズ」は発表当初、2016年6月発売予定とアナウンスしていたが、「画像処理用のICに不具合があることが判明した」ことから、発売を延期していた。

■2位 【スズキ スイフト 新型】ドライバーファーストのインテリアデザイン…2月13日

「スイフト」のインテリアは、スイフトのスポーティな走りをピュアに表現する、“ドライバーファースト”でデザインされた。「ドライバーファーストのスポーティな空間作りをどう表現するか。そして、近年高い質感が内装に求められていることから、この二本柱でデザインを進めた」とは、スズキ四輪技術本部四輪デザイン部インテリア課長の村上俊一さんの弁……

■3位 【トヨタ ヴィッツ 改良新型】武器はデザイン、走り、ハイブリッド…欧州コンパクトに真っ向勝負…2月10日

「ヴィッツ」のデザインのコンセプトは「躍動感と洗練さ」。ハの字型により大きく開かれたフロントロアグリルはダイナミックさと低重心を演出。またリアも同様に、テールランプが水平基調でワイド感を表現しながら、テールゲート以下をハの字型とすることでスタンスの良さを演出しており、実寸以上の迫力を持たせている。

■4位 HP、小型化した13.3型2in1PC「Spectre x360」第2世代モデル…2月10日

360度回転するディスプレイを採用した2in1コンバーチブル型で、2015年11月に発売された「HP Spectre x360」の第2世代モデル。スペックを強化し、「Core i7-7500U」/16GBメモリー搭載モデルや、解像度3840×2160ドットを備える4Kディスプレイ搭載モデルをラインアップに追加している。

■5位 キヤノン、デュアルピクセル CMOS AF搭載のミラーレスカメラ「EOS M6」…2月15日

2015年3月に発売した「EOS M3」の後継と位置づけるモデル。キヤノン独自のAF技術「デュアルピクセル CMOS AF」を搭載し、APS-CサイズのCMOSセンサーで、有効約2420万画素の全画素に配置された2つのフォトダイオードから被写体像の位相差を検出するため、測定能力が高く、高精度な捕捉を行なえる点が特徴。

■6位 キヤノン、AF性能が大幅アップした「EOS Kiss X9i」「EOS 9000D」…2月15日

2015年4月に発売された「EOS Kiss X8i」「EOS 8000D」の後継機種。エントリーモデルで初となる、CMOSセンサーの画素が撮像と位相差AFの両方を行う「デュアルピクセル CMOS AF」を搭載し、ライブビュー撮影時において、高速なAFを実現したのが特徴だ。

■7位 Wiko、14,800円のSIMフリースマホ「Tommy」を2/25発売…2月14日

Wiko(ウイコウ)は、フランスのモバイル端末ベンチャー企業で、今回のSIMフリースマートフォン「Tommy」に発売にともない、ウイコウ・ジャパンを設立し、日本市場へ参入した。「Tommy」は、5型HD液晶(1280×720ドット、294ppi、IPSパネル)を搭載したモデル。低価格ながらも、高音質通話のVoLTEに対応。OSは「Android 6.0」をプリインストールする。

■8位 基板iPhoneケースに「エヴァ初号機」、電池いらずで胸部コア部が光る…2月10日

基板CADでデザインし、基板に電子部品を実装した基板製iPhoneケース。基板の裏面(2層目)にアンテナ回路を備えており、iPhoneが発する強い電波をキャッチし、基板の表面(1層目)に構成されている回路で、電圧と電流を高め、LEDが光る仕組みとなっている。

■9位 【スバル インプレッサ 新型】ベーシックセダンは買い得感満載「G4 1.6i-L EyeSight」…2月14日

ボトムグレードとなる1.6i-L EyeSightだが、よくあるセダンのボトムグレード的な省略できるものは徹底して省略したようなチープ感丸出しの設定ではない。車名にもあるように衝突時の自動ブレーキなどを含むEyeSightは標準装備。

■10位 【シカゴモーターショー2017】トヨタのフルサイズSUV、セコイア に2018年型…表情一新…2月13日

セコイアは、トヨタの北米向けフルサイズSUV。フルサイズピックアップトラックの『タンドラ』の車台をベースに開発された。『ランドクルーザー200』よりもひと回り大きな車体には、3列シート、最大8名乗車が可能な室内を備える。




関連コンテンツ

デジタルカメラ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す