富士フイルム、OVF/EVFの切り替え機能が進化した2430万画素の「X100F」




富士フイルム、OVF/EVFの切り替え機能が進化した2430万画素の「X100F」

2017年1月19日 18:00掲載


「X100F」

富士フイルムは、コンパクトデジタルカメラの新製品「FUJIFILM X100F」を発表。2月下旬より発売する。

同社「X100 シリーズ」の第4世代モデル。高品位なデザインとボディサイズはそのままに、2430万画素のAPS-C サイズ「X-Trans CMOS ?」センサーと、高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載した。また、光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)の切り替えが可能な「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」の機能を進化させた点が特徴。

具体的には、OVF内の小型EVFに表示した映像の倍率を切り替えできる機能を追加し、OVFでのピント合わせが難しい風景撮影やマクロ撮影においても快適なマニュアルフォーカス撮影を可能にした。「ERF」機能を使用する際に、小型EVFの倍率(2.5倍、6倍)を切り替えて、ピントエリアを確認することができるため、より高い精度でのピント合わせを実現。OVF内に表示されるブライトフレームを被写体とカメラの距離に応じてリアルタイムで自動補正する「リアルタイム・パララックス補正」機能も備えた。新たにフォーカスエリアも自動補正することで、マニュアルフォーカス時に、より確実なフレーミングとピント合わせが可能だ。

性能面では、レスポンスとAF性能を向上させ、より快適なスナップ撮影が可能となっている。起動時間約0.5秒、シャッタータイムラグ0.01秒、最短撮影間隔0.2秒、最短0.08秒の高速AFなどスナップ撮影に最適な高速レスポンスを実現。また、像面位相差AFのエリアを、従来モデルに対して約230%に拡大し、測距点は91点(最大325点)となり、高速・高精度なフォーカスが可能。また、AFアルゴリズムも改善し、曇天時などコントラストの低いシーンでも確実にピントを合わせることができる。

さらに、シャッタースピードダイヤル内にISOダイヤルを内蔵した、往年のフィルムカメラの操作性を再現する「ビルトインISOダイヤル」や、露出補正を±5段まで調整可能な「Cポジション」、ビューファインダーを覗きながらフォーカスポイントを瞬時に操作できる「フォーカスレバー」などを追加。加えて、撮影に関わる操作をほぼ右手側に集約することで、しっかりとカメラをホールドしたまま素早く設定変更ができる。

機能面では、スマートフォンやタブレット端末からリモート撮影ができる「ワイヤレス通信」機能を搭載し、専用アプリ「FUJIFILM Camera Remote」より操作可能だ。

主な仕様は、3型液晶モニター(約104万ドット)、0.48型液晶ファインダー(約236万ドット)を装備。対応記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)をサポート。電源は、リチウムイオン充電式バッテリー「NP-W126S」(リチウムイオンタイプ)を使用し、標準撮影枚数が約390枚(スタンダード/OVFモード時)、約270枚(スタンダード/EVFモード時)。

本体サイズは126.5(幅)×74.8(高さ)×52.4(奥行)mm、重量は約469g(バッテリー、メモリーカード含む)/約419g(バッテリー、メモリーカード含まず)。ボディカラーはシルバーとブラックの2色を用意した。

直販価格は156,060円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

デジタルカメラ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す