ニコン、「D5300」に「AF-P 18-55 VR キット/ダブルズームキット」を追加




ニコン、「D5300」に「AF-P 18-55 VR キット/ダブルズームキット」を追加

2017年2月9日 17:10掲載


D5300 AF-P 18-55 VR キット 装着例 D5300 AF-P ダブルズームキット 装着例

ニコンイメージングジャパンは、デジタル一眼レフカメラ「D5300」の新たなレンズキットとして、標準ズームレンズ「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」が付属した「D5300 AF-P 18-55 VR キット」、および「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」と望遠ズームレンズ「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」が付属した「D5300 AF-P ダブルズームキット」を発表。2月17日より発売する。

「D5300」は、撮像素子に有効2416万画素の新開発ニコンDXフォーマットCMOSセンサーを採用したモデル。画像処理エンジンには「EXPEED 4」を装備。常用撮像感度域はISO100〜ISO12800で、ISO25600相当(Hi1)までの増感設定にも対応する。最高約5コマ/秒、最大100コマまでの高速連続撮影も可能だ。

動画撮影機能は、1920×1080/60pのフルハイビジョン動画撮影に対応。本体サイズは125(幅)×98(高さ)×76(奥行)mm。重量は約530g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)。

「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」は、焦点距離18〜55mm(35mm判換算で27〜82.5mm相当の撮影画角)をカバーした約3.1倍標準ズームレンズ。主な仕様は、焦点距離が18〜55mm、最大絞りは焦点距離18mm時がF3.5、焦点距離55mm時がF5.6、レンズ構成が9群12枚(非球面レンズ2枚)。本体サイズは64.5(最大径)×62.5mm(全長)、重量は約205g。

「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」は、焦点距離70〜300mm(FXフォーマット・35mm判換算で105〜450mmレンズの画角に相当)、開放F値4.5〜6.3の約4.3倍望遠ズームレンズ。AF駆動用のステッピングモーターを採用し、高速かつ静かでスムーズなAFが可能だ。主な仕様は、レンズ構成が10群14枚(EDレンズ1枚)、画角が22度50分〜5度20分。本体サイズは72(最大径)×125(全長)mm、重量は約415g。

ニコンダイレクトでの直販価格は、「D5300 AF-P 18-55 VR キット」が75,600円、「D5300 AF-P ダブルズームキット」が91,800円。

■関連リンク

【新製品ニュース】ニコン、2416万画素ローパスフィルターレスの「D5300」

【新製品ニュース】ニコン、ステッピングモーター採用のDXフォーマット用3.1倍標準ズームレンズ

【新製品ニュース】ニコン、ステッピングモーター採用の70-300mm望遠ズームレンズ

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

デジタル一眼カメラ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す