【移動編集局】新穂高ロープウェイ 北アの四季、格別の景色 – 岐阜新聞



写真:【移動編集局】新穂高ロープウェイ 北アの四季、格別の景色
北アルプスを一望できる景観を思い思いに楽しむ観光客=岐阜県高山市奥飛騨温泉郷、新穂高ロープウェイ、西穂高口駅展望台

 四季を通して北アルプスの絶景が楽しめる岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の「新穂高ロープウェイ」。終点の西穂高口駅(標高2156メートル)にある展望台には近年、格別の景色を求めて訪れる台湾や韓国、東南アジアなどからの旅行客が増えている。

 国内唯一という2階建てのゴンドラが大勢の外国人観光客で満員になる。ワイヤを支える鉄塔を越えると、前後に大きく揺れる車内に「ワーオ」と大歓声が響く。

 窓の外には白く雪が覆った北アルプスが見え、熱心にビデオカメラを構える乗客の姿もある。

 二つのロープウエーを乗り継ぎ、30分とかからずに展望台へたどり着ける。春先の日中でも気温が氷点下になる“別世界”の眺めが人々を魅了している。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す