ドローンのように浮く傘「free Parasol」、商品化に向けたアイデアを募集




ドローンのように浮く傘「free Parasol」、商品化に向けたアイデアを募集

2017年2月19日 7:02掲載


「free Parasol」イメージ

ソフトバンクは、ドローンのように浮く、手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」(アサヒパワーサービス出品)の商品化に向けたアイデアの募集を開始した。アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style」の「プランニング」で受け付ける。

「free Parasol」は、ドローンのように浮く傘。手持ちの部分のスイッチを押すと、本体の外側4か所に設置したプロペラが同時に駆動し、安定的に浮くという。今後、歩行中でも活用できるように、人を感知して進行方向にあわせて動く機能などの開発を進める構えだ。

今回、「free Parasol」の商品化に向けて、追加したい機能やデザイン、利用シーンなどのアイデアを「+Style」の「プランニング」で募集する。「プランニング」では、投稿された製品やアイデアに対して、ユーザーが意見を述べることで、企業とユーザーが商品化に向けて一緒に企画を進められるとのことだ。

■関連リンク

製品情報




関連コンテンツ

ドローン・マルチコプター関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す