DJI、折りたたみ式小型ドローン「Mavic Pro」向けに新アクセサリー群




DJI、折りたたみ式小型ドローン「Mavic Pro」向けに新アクセサリー群

2017年2月12日 7:30掲載

DJI JAPANは、折りたたみ式のコンパクトドローン「Mavic Pro」向けに、飛行の安全性を高める新たなアクセサリーとして、「プロペラガード」「プロペラケージ」を発表した。

いずれも、「Mavic Pro」のプロペラを保護し、飛行中の安全性と保護性能を強化するというもの。「プロペラガード」はプロペラ周囲を保護し、「プロペラケージ」は「Mavic Pro」のアーム部分に装着し、プロペラを保護する。

また、「プロペラケージ」は、飛行技術を習得したい初心者に適したアクセサリーとなっている。「プロペラケージ」を装着した際の最大飛行時間は約12分。なお、「プロペラケージ」を装着する際は、通常のプロペラよりもサイズの小さい「7728 クイックリリース折りたたみプロペラ」の装着が必要という。

価格は、「プロペラガード」が2,000円、「プロペラケージ」が20,600円。

このほか、最大4個のインテリジェント・フライト・バッテリーを一度に充電できる「バッテリー充電ハブ(高機能版)」、インナーに柔らかい素材を採用することで、機体の損傷リスクを軽減する新たな「機体スリーブ」、直射日光下の撮影時でも送信機画面がより見えやすくなる「送信機モニターフード」も提供する。

価格は、「バッテリー充電ハブ(高機能版)」が7,100円、「機体スリーブ」が900円、「送信機モニターフード」が2,484円。

■関連リンク

【新製品ニュース】DJI、折りたたみ可能な小型4Kパーソナルドローン「Mavic Pro」

【新製品ニュース】楽天モバイル、DJIの小型ドローン「MAVIC PRO」などの取扱開始

製品情報




関連コンテンツ

ドローン・マルチコプター関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す