ジーフォース、気圧センサーで高度を維持する小型ドローン「cocoon」




ジーフォース、気圧センサーで高度を維持する小型ドローン「cocoon」

2017年1月18日 10:45掲載

ジーフォースは、199g以下(改正航空法対象外)のホビーユースドローン「cocoon」を1月20日より発売すると発表した。

ボタンを押すだけで、自動で離陸・着陸を行なえるドローン。離陸後は、スロットルレバーを離した位置で高度を維持するよう、気圧センサーがアシスト。この機能によって初心者でも、より安定したフライトが可能とのことだ。

さらに、スマートフォンを使用し、通常の送信機と同様の操作にも対応する。操作モードは、アプリ画面上に表示した十字パッドを動かして機体を操縦する「スマートタッチモード」、スマホの傾きに追従してドローンが前後左右に動く「チルト操作モード」を用意する。

また、スマートフォンに専用アプリをインストールし、コクピットからの視界でフライト体験もできる。FPV(リアルタイム映像)で、ドローンが見ている視界を把握できるため、撮りたい瞬間を逃さないという点が特徴だ。

セット内容は、2.4GHz送信機、予備プロペラ×4、USB充電用ケーブル、飛行用LiPoバッテリー、工具、スマートフォンホルダーなど。フライト可能時間は約4〜5分。本体サイズは130(幅)×140(長さ)×90(奥行)mm(ガード込み)、重量は56g。ボディカラーは、ブラック、ホワイト。

価格は13,800円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

ドローン・マルチコプター関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す