CCP、100万画素「オートホバリングドローンカメラ」を税別12,000円で発売




CCP、100万画素「オートホバリングドローンカメラ」を税別12,000円で発売

2016年7月21日 18:02掲載

シー・シー・ピーは、オートホバリング機能と高画質カメラを搭載した小型ドローン「オートホバリングドローンカメラ」を7月22日より発売すると発表した。

「日本おもちゃ大賞 2016 コミュニケーション・トイ部門」で優秀賞を獲得したモデル。オート離着陸と自動ホバリングに対応するオートホバリング機能を搭載しており、安定した飛行でカメラがブレにくく、簡単に空撮を楽しめるという点が特徴。アクションは、離陸、着陸、上昇、下降、ホバリング、前進、後進、左右回転、左右旋回、左右スライド、縦横宙返り(マニュアル時のみ)が可能だ。

カメラ機能は100万画素で、静止画撮影が1280×720、動画撮影が1280×720/30fpsに対応。記録媒体はmicroSDメモリーカードをサポートし、撮影枚数は8000枚、最大録画時間が約15分(いずれもmicroSDメモリーカード2GB使用時)。手動でカメラの角度を変えることも可能。なお、音声録音には対応しないという。

このほか、バッテリーは充電式リチウムイオンポリマー電池を内蔵し、充電時間が約90分、連続飛行時間が約5分。コントローラー用電池は、アルカリ単3電池×3を使用。操作距離が屋内外約15m。本体サイズは全幅約105mm。

価格は12,000円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

ドローン・マルチコプター関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す