Hikvisionが新製品「DeepinView」カメラ・シリーズでビデオ監視システム … – CNET Japan



Hikvisionが新製品「DeepinView」カメラ・シリーズでビデオ監視システム機能を強化

AsiaNet 70807 (1714)

【杭州(中国)2017年10月31日PR Newswire=共同通信JBN】ビデオ監視製品およびソリューションで世界をリードするサプライヤーのHikvisionは世界初のDeep Learning NVR(ディープラーニングNVR)の発売開始を受けて、新しいIPカメラ・シリーズを近く販売すると発表した。新しい「DeepinView」IPカメラ・シリーズは、幅広いセキュリティーおよび管理アプリケーションの分野で監視システムのパフォーマンスの価値を高めるパワーとインテリジェンスを提供する。

Hikvisionのディープラーニング・アルゴリズムは、表面レベルでしか動作しない従来のインテリジェント・アルゴリズムと比べてはるかに深いプログラミングが可能である。これらのアルゴリズムは、フィーチャラーニングを実行し、驚くほど正確で一貫性のあるビデオコンテンツ分析(VCA)パフォーマンスを提供する。Hikvision DeepinViewカメラは高速GPU処理と組み合わせると、大量のデータを使ってより高速なコンピューティングを実証する。

フォールス・アラーム・フィルター、顔認識、人数集計、ANPRなどの重要な分析機能はいまや、多彩なアプリケーションを装備した既存の、および新しい監視システムに実装されることは確実で、インシデント発生中ないし発生前に警報を発するための高水準のトラッキングおよび警報アクティベーションを提供することができる。また、これらの分析機能を使用することで、これまで監視映像検索に必要だった人的資源を削減するだけでなく、業務管理効率やコマーシャルROI(投資利益率)を向上させることができる。

▽人体検出
Hikvisionのディープラーニング・テクノロジーにより、DeepinViewカメラは人体を検出し、重要でないオブジェクトや動きをフィルタリングできるため、これまでのVCAシステムのように誤った警報を出さない。これは、周囲保護に特に役立つ。ユーザーはこれまで再三にわたり、重大な警報や関連情報の探知に多くの時間や金銭的なリソースを費やしてきた。

▽顔認識
顔認識は、様々なアプリケーション内の多くのセキュリティーおよび管理シナリオに配備され、関心のある人物の存在をシステムオペレーターに警告することができる。これは、システムに組み込まれた顔画像モデリングおよび類似度計算によって達成される。このテクノロジーは、ブラックリストに載っている人物のカジノへの入場を防ぐ重要なツールとなりつつある。ある人物の身元情報を入手したシステムが警備員に対し、知られていない違反者がいるとの警報を出し、カジノへの入場を拒否することができるからだ。このようにして、不正行為を防ぐことができる。このテクノロジーは、既知の違反者がスポーツスタジアムやレストランなどの会場に入場するのを防ぐ上でも同様に優れている。

▽People Counting(人数集計)
輸送機関のハブ、小売店、スポーツ施設、ビジターアトラクション、駐車場に関しては、来訪者の正確な情報を収集して分析することにより、ビジネスの収益性とサイト管理を向上させることができる。

People Countingビデオ分析機能は、特定のエリアに出入りする人の数を監視することができる。毎日ベースで小売店を通じ歩行者数を記録したり、例えば入館者が徒歩で移動している博物館でのように、いつでも健康と安全面での上限が破られないように会場内の人数を監視することができる。

▽車両管理
交通監視およびAutomatic Number Plate Recognition(ANPR、自動ナンバープレート認識)機能を配備して、車両交通の動きを監視し、交通管理戦略の効率性を高めることができる。ANPRは、登録されたナンバープレートを持つ車両を特定し、これら車両の公共および民間の駐車場への自動アクセスできるようにするために使うことができる。Hikvision DeepinViewディープラーニング・カメラは、現地のナンバープレート情報を自己学習し、しばしば面倒なカメラ位置調整なしに、従来のANPRシステムよりも多数のナンバープレートを認識する。

DeepinView交通モニタリング分析機能は、人口の多い地域や高速道路に適用すると、赤信号無視、間違った方向の運転、違法駐車、違法なUターンなどの交通違反を捕捉し、交通混雑の減少に寄与し、 歩行者や車両乗客の事故リスクを低下させる。

Hikvision International Business Centreのキーン・ヤオ副社長は「セキュリティー専門家により高度なシステム機能を提供するHikvision DeepinView IPカメラは、ビデオデータ、膨大な処理能力、およびHikvisionの革新的なインテリジェントテクノロジーを組み合わせて、全く新しいレベルのビデオ監視性能を提供する。DeepinViewの範囲を備えたディープラーニング・ビデオ分析機能は、標準的なCCTVシステムをインテリジェントで効果的なHD品質の自動検出・警告システムに変換して、オペレータをサポートし、より効率的な監視システム管理を提供する」と語った。

HikvisionはDeep Learningテクノロジーを採用し、DeepinView IPカメラ・シリーズ、DeepinMind NVR、DeepinMind Video Analytics Serverなどの製品ファミリーをイノベートし、その能力を最大限に発揮できるようにした。これらの製品の発売開始日は、Hikvisionウェブサイトで発表される。

▽Hikvisionについて
Hikvisionはビデオ監視製品およびソリューションで世界をリードするサプライヤーである。業界最強の研究開発陣を擁するHikvisionは、オーディオ/ビデオエンコーディング、ビデオ画像処理、関連データ・ストレージのほか、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、ディープラーニングなどの先見的なテクノロジーの中核テクノロジーを進化させている。Hikvisionは長期的ビジョン達成のため、ビデオ監視業界に加えて、スマートホーム・テクノロジー、産業オートメーション、自動車エレクトロニクス業界にもその範囲を広げている。顧客のために常に価値を創造するHikvisionは世界で33の地域子会社を運営し、真にグローバルな存在を実現している。詳細はwww.hikvision.com を参照。

ソース:Hikvision Digital Technology

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す