マスプロ、アクションカメラ「KODAK PIXPRO 4KVR360」の発売を延期 – Phile-web



マスプロ電工は、4K画質で撮影できる360度アクションカメラ「KODAK PIXPRO 4KVR360」の発売について、当初は4月下旬としていたが、5月26日へと延期することを発表した。


KODAK PIXPRO 4KVR360

理由について同社は、「最終段階で製品の更なる性能向上が必要であると判断し、製品品質を万全にするという方針から」と説明している。KODAK PIXPRO 4KVR360は、2,068万画素の1/2.3裏面照射型CMOSセンサーを備え、本体の前後に2つのレンズを搭載することで、1台で死角のない4K相当の全天球VR映像撮影が可能なアクションカメラ(関連ニュース)。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す