リコー、「個人向けカメラ撤退を検討」報道を否定 「事実ではない」 – ORICON NEWS



360度カメラ「THEATA」シリーズも



リコーは4月12日、同社が個人向けカメラ事業からの撤退を検討していると伝えた同日付の一部報道について「事実ではない」と反論した。「デジタルカメラ事業は製品ラインアップを絞り込み、高付加価値製品を追求していくが、個人向けからの撤退は考えていない。個人向けの高付加価値モデルは今後も伸ばしていく計画だ」(リコー広報室)としている。




12日付けの日本経済新聞朝刊が、「リコーはカメラ事業を縮小する。価格競争の激しい個人向けカメラ事業は撤退を含めて検討し、車載向けなど業務用に集中する」などと伝えた。同社は11日、デジカメ事業について「想定されていた収益が見込めなくなった」とし、約100億円の減損損失を計上すると発表していた。




同社広報室は12日、ITmedia NEWSの取材に対し、「当社の個人向けデジカメのラインアップは、『GR』など高級モデルや全天球カメラ『THETA』、防水アクションカメラなど特徴を生かした製品が中心で、(価格競争が激しくスマートフォンと競合する)一般的なコンパクトデジカメはほとんどない。デジカメ事業では11日に減損の計上を発表しており、商品ラインアップの絞り込みや高付加価値製品の追求は行うが、個人向けからの撤退は考えていない。個人向けの高付加価値モデルは今後も伸ばしていく計画だ」とコメントした。












こんな記事もよく読まれています



コメントを残す