ソナス・ファベールが新製品発表。ネットワークスピーカー「SF16」と新オマージュ・スピーカー3モデル – Stereo Sound ONLINE



スピーカーはオマージュの新シリーズ“オマージュ・トラディション”

 オーディオ輸入商社のノアは、同社が取り扱うブランドであるソナス・ファベール(Sonus faber)の新製品発表会を都内で行なった。今回発表となったのは下記2シリーズ4モデルで、発売日はすべて4月21日。

SF16
¥1,400,000(税別)
タイプ:アンプ内蔵・3ウェイ10スピーカー
アンプ出力:1,400W(4Ω)
寸法/質量:W640×H230×D415mm(クローズ時)、W1,080×H262×D415mm(オープン時)/25kg

ガルネリ・トラディション(Guarneri Tradition)
¥2,000,000(ペア、税別)※専用スタンド付
タイプ:2ウェイ・2スピーカー・ブックシェルフ型
再生周波数帯域:40Hz~35kHz
クロスオーバー周波数:250Hz
寸法/質量:W239×H375×D377mm/16kg(本体)、W300×H390×D1,135mm/30kg(スタンド取付時)

セラフィーノ・トラディション(Serafino Tradition)
¥2,600,000(ペア、税別)
タイプ:3.5ウェイ・4スピーカー・フロアスタンディング型
再生周波数帯域:30Hz~35kHz
クロスオーバー周波数:80Hz/250Hz/2.5kHz
寸法/質量:W396×H1,091×D485mm/52kg

アマティ・トラディション(Amati Tradition)
¥3,600,000(ペア、税別)
タイプ:3.5ウェイ・4スピーカー・フロアスタンディング型
再生周波数帯域:28Hz~35kHz
クロスオーバー周波数:80Hz/250Hz/2.5kHz
寸法/質量:W411×H1,170×D515mm/61kg

■アンプ内蔵ネットワークスピーカー SF16

 SF16は、プリアンプ、スピーカー、ネットワークオーディオプレーヤーが一体となったオーディオシステム。ソナス・ファベールの創始者である故フランコ・セルブリン氏がブランドを設立する前の1980年に手掛けた「Snail」を、現代のデザインテイストと最新テクノロジーを駆使して再現したというモデルだ。

 大きなボディは120mmウーファーを前後方向に1基ずつ搭載。プッシュ・プッシュで駆動することで、振動を打ち消すとともに、強力な低域再生を実現した。

 本体の左右には電動で伸び縮みするサテライトスピーカーがあり、ここも前後それぞれに50mmミッドレンジ2基(前後で計4基)と2.5mmトゥイーター2基(同4基)を備える。このサテライトと本体の距離により、形成する音場を調整し、サイズを超えたサウンドステージを実現できるという。

 DLNAに対応し、NASやUSBメモリーに保存したFLAC、WAV、MP3、M4A、AACなどを再生可能で、対応ファイルは最大192kHz/24bitまでとなる。また、DTSのロスレス音楽伝送技術「Play-Fi」に対応しており、スマホやPCのPlay-Fiアプリから連携するSpotifyやTidalなどのストリーミング配信サービスにアクセスし再生できる。なお、本機についての詳細は追って山本浩司さんのレポートをお届けする。

■オマージュ・トラディション スピーカーシステム

 新登場となるオマージュ・トラディションシリーズは、同社スピーカーシステム”オマージュ・コレクション”の新シリーズ。

 3機種あり、従来モデルの後継となるのが2ウェイ・2スピーカーのブックシェルフ「ガルネリ・トラディション」と、3.5ウェイ・4スピーカーのフロアスタンディング「アマティ・トラディション」。もう1機種、3.5ウェイ・4スピーカーのフロアスタンディング「セラフィーノ・トラディション」は完全なニューモデルとなる。

 オマージュ・トラディションシリーズはいずれもエンクロージャーの素材として、強度が高く、耐久性に優れるというアフリカ原産の広葉樹ウェンジ材の突板を採用。ここにSFロゴをあしらったトップガラスを組み合わせて、高級感がありつつもモダンな外観デザインとした。

 3機種ともトゥイーターには、アローポイント付の28mmDADシルク・ソフトドーム型と、新設計の150mmウーファーを搭載。さらに、セラフィーノ・トラディションは複合素材のシンタクティック・フォームの外側を天然素材のセルロース・パルプで挟んだサンドイッチ構造の180mmダイアフラムコーンウーファーを搭載。もっとも大型のアマティ・トラディションは、このダイアフラムコーンウーファーのサイズが220mmとなる。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す