これでカラオケも出来ちゃう? オンキヨー&パイオニアがハイレゾプレーヤーの音楽再生アプリに新機能追加 – ORICON NEWS



オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、オンキヨー・パイオニアブランドのデジタルオーディオプレーヤーやハイレゾスマートフォンにプリインストールされている楽曲再生アプリ「Music App」の無償アップデートを本日4月13日より実施します。このアップデートにより、楽曲再生に合わせて歌詞表示の色が変わる「プチリリ」機能や、「ミニプレーヤー」表示が利用可能となります。対象製品は、「DP-X1A(B)」や“GRANBEAT”「DP-CMX1(B)」など5機種。






アップデートにより新たに追加される“プチリリ”機能は、シンクパワーが提供する歌詞表示サービス。歌詞データベースにネットワークを介してつながることで、楽曲再生に合わせてカラオケのように文字が自動的に色変わりすることが特徴です。ラインナップはJ-POP・洋楽・アニメソング・K-POPなど250万曲以上。文字の大きさを3タイプから選ぶことが可能で、「楽曲を聴きながら歌詞を確かめたい」、「歌詞を見ながら楽曲を楽しみたい」、「歌詞を覚えたい」など、楽曲を聴くだけではない楽しみ方ができます(※)。




※“GRANBEAT”「DP-CMX1(B)」は“プチリリ”機能対応済み。




また、リスト表示画面などさまざまな画面を表示しながらでも、再生/一時停止などの操作が行えるミニプレーヤーを表示することが可能になり、楽曲再生や再生画面へのアクセスが簡単に行えます。楽曲再生中に、保存している他の楽曲をアルバムのアートワークとともに一覧リストで表示し、次に聞きたい楽曲や確認したい楽曲名などを簡単に探すこともできます。




【その他の追加機能】




・“ウィジェットプレーヤー”の選択可能な表示画面(4種類)全てでアルバムアートワーク表示を追加




・“通知バープレーヤー”に再生・曲送り・曲戻しの操作機能を追加




・楽曲の情報画面に“bit表示”を追加




・一度プレイリストへ設定した写真をアートワーク画像に戻す機能を追加




・タグ情報内に埋め込んだアートワーク画像を再生画面で優先的に表示する仕様に変更
(同一フォルダ内に格納しているアートワーク画像データよりも、楽曲ファイル自体に埋め込んだタグ情報のアートワーク画像を優先して表示します)




アプリのアップデートは、対象モデルにてWi-Fi接続などでGoogle Playにアクセスすることで行えます。対象の製品をお使いの方は、ぜひアップデートしてみて下さい。




【対象モデル】




オンキヨーブランド:デジタルオーディオプレーヤー「DP-X1A(B)」「DP-X1(B)」、ハイレゾスマートフォン“GRANBEAT”「DP-CMX1(B)」






↑DP-X1A(B)




パイオニアブランド:デジタルオーディオプレーヤー「XDP-300R(S)」「XDP-300R(B)」「XDP-100R-S」「XDP-100R-K」






↑XDP-300R(S)












こんな記事もよく読まれています



コメントを残す