やっぱり欲しい!フルサイズ一眼カメラ – 朝日新聞



 エントリータイプのミラーレスカメラや一眼レフカメラを使い、レンズ交換カメラの画質の良さを知ったユーザーにとって、次の候補として挙がるのが、イメージセンサー(撮像素子)が大きいフルサイズのカメラだ。プロ向けの高額なモデルだけでなく、ちょっと手を伸ばせば購入できる価格のモデルも増えてきている。フルサイズカメラのメリットデメリットをおさらいしつつ、今、買うべきモデルについてチェックしてみよう。

高画質を考えるならフルサイズ

 ミラーレスカメラや一眼レフカメラで使われている主流のイメージセンサーは、「マイクロフォーサーズ」「APS-C」「フルサイズ」がある。そのなかでもっとも大きいのがフルサイズ(36×24ミリ)で、従来の35ミリフィルムとほぼ同サイズになる。カメラは、一般に長く流通していた35ミリフィルムを基準にすることが多いため、このサイズのイメージセンサーをフルサイズと呼ぶ。

 イメージセンサーが大きいことの最大のメリットは画質だ。同じ画素数で比較すると、フルサイズはAPS-Cよりも1画素あたりの面積が広く、多くの情報を取り込める。そのためダイナミックレンジが広くなって階調が豊かになるので、明るいシーンでの白飛びや暗いシーンでの黒つぶれが減少する。また感度の面でも有利になるため、高感度撮影に強いのもメリットだ。夜間撮影や暗い場所での撮影が多いなら、フルサイズのほうが圧倒的に優位だ。

 レンズの選択にも違いがある。レンズに記載されている焦点距離は35ミリでの表示になっているため、センサーのサイズが変わると焦点距離も変わる。50ミリと記載されているレンズなら、フルサイズならそのままだが、APS-Cなら約1.5倍で75ミリ、マイクロフォーサーズなら2倍の100ミリ相当になる。広角の写真を重視するならフルサイズのほうがレンズの選択肢が増える。逆に飛行機や電車など望遠レンズが活躍するシーンでは、APS-Cなどが好まれることも多い。

 またフルサイズとAPS-Cで同じ画角で撮った場合に、フルサイズのほうがボケが豊かだ。フルサイズの50mmと同じ範囲を写そうと思うと、APS-Cでは30~35mmのレンズを使用することになる。同じ画角で撮影したときにAPS-Cよりも、フルサイズのほうが焦点距離が長くなるので、ボケの量が多く、きれいに出る。ポートレートや花の撮影などで、ボケを生かした撮影をしたいなら、フルサイズのほうが向いている。

高価で重くなるというデメリットも

 フルサイズはもちろん利点ばかりではない。まずセンサーサイズが大きくなることで、ボディーもレンズも大きく、重くなる。エントリータイプの一眼レフに比べれば、とにかくずっしりと重いのだ。例えばニコンの約2400万画素APS-Cカメラ「D5600」はボディー本体のみで約415gなのに対し、フルサイズの「D750」は約750gだ。バッテリーやレンズを装着すれば1kgを超える重さになるだろう。大きくて重いため、持ち歩いてスナップといった撮影にはかなり負担だ。

 当然ながら価格も高くなる。以前より価格の安いモデルが登場してきてはいるものの、どんなに安くてもボディーのみで10万円は超える。さらにレンズもフルサイズ対応のものは高価になる。APS-Cの一眼レフの付属レンズなどはAPS-C専用レンズである場合が多く、フルサイズで使えずに買い換えとなるケースも多い。

 手持ちにフルサイズにも対応するレンズがなければ、フルサイズデビューはレンズキットから購入するのが手っ取り早いだろう。ボディーとレンズ単体で購入するよりも、かなり安価な設定になっている。逆にオールラウンドなズームレンズではなく、単焦点レンズでの使用をメインに考えるなら、ボディー単体+レンズで選択するほうが安価になる。いずれにしてもフルサイズになれば、レンズの選択肢も増えるが、高価でお金がかかることは覚悟しておきたい。

メーカーごとのラインナップを見る

 各カメラメーカーからフルサイズのモデルが登場しているが、最近ではプロも使うハイエンドモデル以外にも比較的安価なモデルが増えているのが特徴だ。今回はボディーだけで50万円を超えるような上位モデルは除いて、ちょっとがんばれば購入できるモデルを見てみよう。

 キヤノンの「EOS 5D Mark IV」は、約3000万画素のイメージセンサーを持つモデル。画像処理エンジンに「DIGIC 6+」を採用し、常用ISO感度100~32000を達成。連写性能は約7コマ/秒。キヤノンのフルサイズモデルの中心となるモデルだ。一方、軽量でリーズナブルなモデルとして「EOS 6D」もある。約2000万画素のイメージセンサーに映像エンジンは「DIGIC 5+」を搭載。常用ISO感度は100~25600、連写性能も4.5コマ/秒とEOS 5D Mark IVとは差がある。しかしレンズキットを選んでも価格が安い入手しやすいモデルだ。

 ニコンの「D810」は、画素数が約3600万画素で、光学ローパスフィルターレスのモデル。画像処理処理エンジンに「EXPEED 4」を搭載し、ISO感度は64~12800の高品位モデル。「D750」は、約2400万画素のイメージセンサーを搭載したモデルで、ニコンのフルサイズモデルとしては初めてモノコック構造を採用し、小型・軽量・薄型で、強度と剛性の高いボディーを実現している。機動性ならこちらが有利だ。画像処理エンジンが一世代前の「EXPEED 3」を搭載した画素数約2400万画素の「D610」は、現在かなり安価で入手できるモデルだ。

 ソニーはミラーレスにいち早くフルサイズを投入したメーカー。「α7 II」は約2400万画素のイメージセンサーに、フルサイズ対応5軸ボディー内手ブレ補正を搭載したモデル。ミラーレスなのでボディーサイズもコンパクトで、価格も20万を切る価格で買いやすいモデルだ。そして同じボディーに約4200万画素のフルサイズ裏面照射型センサーを搭載した高画素モデル「α7R II」と、画素数は約1200万ながらISO感度100~102400(拡張感度なら50~409600)という超高感度モデル「α7S II」などをラインナップする。またαシリーズにはAマウント対応のフラグシップ機「α99 II」もある。

 ペンタックスからは約3600万画素のローパスフィルターレスモデルの「PENTAX K-1」がリリースされている。ISO感度も204800まで対応し、5軸のボディー内手ブレ補正機構に防塵・防滴構造と、非常に機能豊富なモデルだ。

 フルサイズモデルは、決して手軽なカメラではないが、撮ってみるとその画質の良さは一目瞭然だ。写真に取り組めば取り組むほど、その良さが見えてくるだろう。また撮影にイマイチ自信がない、というユーザーでも、このレベルのカメラを使うと写真の質が向上することを体感できるはずだ。ある程度カメラにお任せで撮っても、カメラのほうできっちり美しい写真に仕上げてくれるからだ。ワンランク上の写真を目指すなら、フルサイズのカメラを視野に入れてみよう。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す