スマホ常時接続のデジタル一眼 – 朝日新聞



 近ごろのデジタル一眼は、スマホとの連携も当たり前。でも、Wi-Fiを切り替えたり、転送設定をしたりと、意外と面倒な手順が多く、連携機能を使わなくなってしまった方も多いのではないだろうか。そんなスマホ連携機能を便利に変えたのが、ニコンのデジタル一眼カメラ「D5600」だ。

 今までのようなWi-FiではなくBluetoothを使うことでスマホとの常時接続を実現。シャッターを切るたびに撮った写真が専用アプリに転送され、スマホから自在にSNSやLINEなどに投稿できる。スマホに送られる画像は2M(200万画素)相当の小さいファイルなので、時間もかからずスマホの容量を圧迫しないのもポイント。もちろんWi-Fi接続に切り替えれば、高解像度のJPEG転送にも対応できる。さらに、2M相当のファイルならニコンの写真クラウドサービスに無制限でアップロードできるので、アルバムを作って友人たちにシェアするのもラクラク。

 本体は小型軽量で、タッチパネル&バリアングル対応の画像モニターを搭載。スマホに近い操作感で一眼レフの高画質を楽しめる。スマホのカメラに物足りなくなったら、試してみたい一台だ。

⇒ この商品の価格を検索

 「ソニー α6000」は、高速AFと高画質を両立した小型・軽量ミラーレス。「キヤノン EOS Kiss X8i」は、タッチ対応のバリアングル液晶を備えたエントリーモデル。「パナソニック LUMIX DMC-GM5」は、小型ボディーにライブビューファインダーを搭載したミラーレス。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す