キヤノン、ミラーレス一眼の最新モデル「EOS M6」の発売を記念して渋谷 … – Stereo Sound ONLINE



オリジナルメニュー「和牛ブラックカレー」も販売!

 キヤノンは、同社ミラーレス一眼の最新モデルとなる「EOS M6」を4月20日より販売するのに合わせ、渋谷で期間限定のコラボカフェ「EOS M6 CAFE」をオープンする(5月18日まで)。

EOS M6の商品詳細はコチラ

 EOS M6は、約2420万画素のCMOSセンサーを搭載したミラーレスモデルで、基本的なスペックは昨年発売のEOS M5と同等。ビューファインダーの有無、液晶画面サイズなどが違いとなる。またデザインについては、フューチャークラシックをコンセプトに、フィルムカメラの質感(配色、ボタン配置など)を踏襲しつつも、最新のデジタル一眼らしい機能性も併せ持ったものとしている。

 ターゲットは30~40代の男性ということで今回、若者が集まる渋谷、それもロフト2階のシティラウンジとコラボして「EOS M6 CAFE」を展開することとなった。

 また、これまであまりカメラと接してこなかったユーザーを取り込むべく、「カメラ×ファッション」という切口で、ファッション業界のトレンドリーダー6名(M6の6にかけた)をアンバサダーに迎え、彼らが日常で切り取った写真をポスターにして掲出したり、EOS M6とファッションを組み合わせた展示が楽しめる趣向も凝らしている。もちろん、EOS M6のタッチアンドトライも可能だ。加えて、キヤノンEOSの歴代モデルもディスプレイされている。

 なお、カフェでは今回のコラボを記念したオリジナルメニューも販売中で、宮崎県産の黒毛和牛「尾崎牛」の赤身を使った「和牛ブラックカレー」が楽しめる。EOS M6の本体色であるブラックを、黒ゴマペーストとイカ墨を使用して再現。味は少し辛口。価格は、平日の16時までは¥1,100(税別)、16時以降と祝祭日は¥1,200(税別)。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す