Xiaomiのミラーレス一眼「M1」再び値下がり、ぶっちぎりの格安モデルに – エキサイトニュース



格安なのに高性能なスマホやノートパソコン、そして炊飯器などの家電まで手がけるXiaomi。
そんな同社が手がけたミラーレス一眼が再び値下がりしました。レンズ付きにもかかわらず、ぶっちぎりの安さです。詳細は以下から。

これがXiaomiのミラーレス一眼「M1」。コンパクトボディ採用で、本体重量はわずか280グラム。

正式にマイクロフォーサーズマウントを採用しているため、パナソニックやオリンパスのミラーレス一眼とレンズの互換性があります。

タッチやスワイプで操作する、初心者でも使いやすいインターフェース。

暗いところに強いソニーのセンサー「IMX269(約2000万画素)」を採用。4K動画も撮影できます。

撮影した写真はBluetoothやWi-Fiを用いてスマホと共有可能。ただし技適マークを取得していない点に注意が必要です。

標準構成では12-40mm F3.5-5.6のレンズ、デュアルレンズ版はさらに42.5mm F1.8のレンズが付属します。

なお、同じ「IMX269」を備えていると言われるパナソニックのミラーレス一眼「DMC-GX8」はボディだけで7万9000円するのに対し、再び値下がりしたM1は12-40m F3.5-5.6のレンズが付いて4万4723円(デュアルレンズ版は5万7337円)。あまりの安さに何度も売り切れている人気商品です。
大手価格情報サイト「価格.com」によると、この価格帯では2010年~2011年発売の古いモデルしか買えず、さすがに暗いところに強い最新ソニーセンサー搭載のM1ほどの画質は期待できないと思われます。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す