シャープ、緊急呼出ボタンなど“高齢者見守り”搭載のコードレス電話機




シャープ、緊急呼出ボタンなど“高齢者見守り”搭載のコードレス電話機

2017年4月20日 11:58掲載

シャープは、高齢者への見守り機能を搭載したデジタルコードレス電話機の新モデル3機種を発表。親機および子機1台の「JD-AT82CL」、親機および子機2台の「JD-AT82CW」、親機と子機1台および緊急呼出ボタン1台の「JD-AT82CE」を5月18日より発売する。

高齢者への見守り機能として、緊急呼出ボタンに対応するモデル。「JD-AT82CE」は緊急呼出ボタンを標準付属するほか、「JD-AT82CL」「JD-AT82CW」でも、別売りの緊急呼出ボタンに接続できる。

具体的には、寝室やトイレ、お風呂の脱衣所などに、緊急呼出ボタンをコードレスで設置し、ボタンを押すと、登録した相手先に自動的に電話がかかり、安否を確認するように知らせる。緊急呼出ボタンには、IPX4相当の防水性能を備えており、1台の親機につき、最大10台まで登録できる。

さらに、「見守りモーニングコール」も搭載。あらかじめ設定した時間に呼出音が毎日鳴り、電話に出ると、日替わりで本体内のメモリーに保存されている日付や季節に合わせた話題が自動再生されるしくみだ。なお、万が一、誰も電話に出なかった場合、家族などに自動で電話をかけて、モーニングコールの呼び出しに応答がなかったことを知らせてくれる。

加えて、従来モデルにも採用した「自動聞いてから応答」「あんしんLED(ナンバー・ディスプレイの契約が別途必要)など、7つの詐欺対策強化機能も装備。電話がかかってきた際、相手先や着信頻度に合わせて迷惑電話への注意喚起メッセージを流す「声かけコール」を新たに採用するなど、迷惑電話対策を強化した。

主な仕様は、ボディカラーがホワイト系。本体部の液晶表示が3.9型(漢字3行)、サイズは160(幅)×74(高さ)×212(奥行)mm、重量は約620g(ACアダプター含まず)。コードレス部の液晶表示は漢字3行表示、サイズは子機が48(幅)×177(高さ)×28(奥行)mm、充電器が85(幅)×37(高さ)×81(奥行)mm、重量は子機が約149g(充電池含む)、充電器が約129g。緊急呼出ボタンのサイズは73(幅)×31(高さ)×84(奥行)mm、重量は約84g(電池含む)。

価格はオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

電話機関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト



こんな記事もよく読まれています



コメントを残す