シャープ、BDレコーダーに10段階に可変できる早見・早聞き機能を搭載–楽々時短視聴



 シャープは10月12日、BDレコーダー「AQUOSブルーレイ」に、「可変速早見・早聞き」機能を搭載した新モデル4機種 「BD-UT3200/UT2200/UT1200/UW2200」を発表した。発売は10月30日。UWのみダブルチューナ機で、そのほかはトリプルチューナ機になる。


「BD-UT3200」

左から「BD-UT2200」「BD-UW2200」
  • BD-UT3200(HDD:3Tバイト、想定税別価格:10万5000円前後)
  • BD-UT2200(HDD:2Tバイト、想定税別価格:9万5000円前後)
  • BD-UT1200(HDD:1Tバイト、想定税別価格:8万5000円前後)
  • BD-UW2200(HDD:2Tバイト、想定税別価格:8万5000円前後)

 可変速早見・早聞きは、今まで1.5倍速固定だった可変機能を1.1~2.0倍まで10段階に自在に可変できる機能。最大2倍速であれば60分番組を30分で視聴できる計算になり、「録画しても見る時間がない」というニーズに対応する。

 あわせて、すばやく早送りができる「250倍速なめらかサーチ」を採用。従来1秒間に4つだったコマ数を1秒間10コマに増やすことで、見たいシーンを見つけやすくするもの。早送り、早戻しも快適な使い勝手を提供する。

 「Ultra HDブルーレイ」再生に対応する4Kエンジンにより、早見視聴中でもなめらかな高画質を実現。字幕表示もできるため、音声での聞き取りにくさをアシストする。

 BDドライブは、新開発の「ホコリシールドBDドライブ」を採用し、ドライブ内部への塵埃の侵入を徹底的に抑制。これにより従来機比で約3倍の長寿命化を実現したという。


「ホコリシールドBDドライブ」

 AQUOSブルーレイでおなじみの連続ドラマ自動録画機能「ドラ丸」に対応するほか、静止画で見たいシーンが探せる「見どころポップアップ」、外出先でも録画番組をスマートフォンなどで視聴できる「外からリモート視聴」などに対応。番組表は、色や文字を2万8000通りの組み合わせでカスタマイズできる「4Kビジュアル番組表」を備える。


「4Kビジュアル番組表」

 フルHD対応のBDレコーダーとして「BD-NT1200/NW1200/WW1200/NW520/NS520」もラインアップ。ドラ丸や250倍なめらかサーチなどに対応する。チューナ数はNT1200がトリプル、NW1200/WW1200/NW520がダブル、NS520がシングル。WW1200のみホワイトカラーを採用する。



  • BD-NT1200(HDD:1Tバイト、想定税別価格:7万5000円前後)
  • BD-NW1200/WW1200(HDD:1Tバイト、想定税別価格:6万5000円前後)
  • BD-NW520(HDD:500Gバイト、想定税別価格:5万5000円前後)
  • BD-NS520(HDD:500Gバイト、想定税別価格:5万円前後)

「BD-NT1200」

ホワイトモデルの「BD-WW1200」

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す