「究極の海苔弁」も! ギンザシックスの「食」は何がすごいか?(日経トレンディネット)



2017年4月20日、銀座最大の商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」がついに開業。専門誌3誌による視点を交え、その全貌を徹底解剖! 第2回は注目の飲食店や食物販フロアを紹介する。(関連記事「銀座最大の商業施設「ギンザシックス」の見どころは? 」「ギンザシックス開業で銀座の人の流れは変わるか 」)

【関連画像】海苔弁専門店「刷毛じょうゆ海苔弁山登り」では「海」「山」「畑」(各1000円)の海苔弁を選べ、好みで総菜を追加することもできる

 4月20日、全館オープンを迎えた「ギンザシックス」。2016年10月の記者会見では全241店舗のうち飲食店はわずか1割の24店と発表され、正直「こんなに少なくて大丈夫か」という疑問を抱いた。また“日本初上陸”など、話題になりそうな店舗が見当たらないことにも不満を感じた(関連記事「銀座最大の商業施設「ギンザ シックス」、4つの謎」)。だがふたを開けてみれば、飲食店は全体(241店)の約3分の1にあたる75店舗に増加。日本初出店も4店舗あった。

 “ハイブランドの館”ともいえる同施設の食パートを象徴しているのが13階。約500坪の巨大な複合飲食施設「THE GRAND GINZA(ザ・グランギンザ)」をはじめとした高級業態店7店舗が出店している。アートに重点を置いた「銀座 蔦屋書店」のある6階には、東京の食の最先端を味わえる10店舗が入った巨大フードホール「銀座大食堂」がオープン。そのほかにも幅広いジャンルと価格帯の飲食店が12店舗、合計22店舗が出店している。

 1階から4階のファッション中心のフロアにも、日本初上陸3店舗を含む7店舗の実力派カフェが出店。そして地下2階の食物販フロアには39店舗も出店しており、うち17店舗が新業態、11店舗が都内初出店だ。食関連の全74店舗のなかで旗艦店が22店舗、新業態店が29店舗となっている。

 はたして75店舗の中に、集客の起爆剤になり得る飲食店はどれだけあるのか。4月14日のプレス内覧会でいちはやくチェックした。

1万円コーヒー、目隠しして食べる熟成肉?

まずは、館のイメージどおりの高級店が集まった13階から見てみよう。エレベーターを降りて最初に目に入るのが、「てんぷら山の上 Ginza」。てんぷら山の上といえば創業63年の老舗として知られているが、銀座初出店となる同店では既存店ではできない新しい挑戦を積極的に行っていくという。

 炭火焼熟成肉専門店「旬熟成」や餃子専門ワインバル「立吉餃子」を運営するフードイズムが展開する「旬熟成 GINZA GRILL(シュンジュクセイ ギンザグリル)」は、日本初の“目隠しグリルリストランテ”だという。味に集中するため最初の数口を、目隠しをしてヘッドホンで肉を焼く音を聞きながら味わう食べ方とのこと。

 そして今回取材した飲食店の中で最もインパクトが強かったのが、厳選した日本茶を使ったカクテルをコース仕立てで楽しめるカフェ&バー「ミクソロジーサロン」。目の前でいれた煎茶でカクテルを作るスタイルや、日本茶とお酒が融合したような新しい味わいに、取材陣からも驚嘆の声が相次いだ。

「GRAND CRU CAFE GINZA(グラン クリュ カフェ ギンザ)」は、コーヒーハンター川島良彰氏が手がけた“コーヒーの宝石”とも呼ばれる「Grand Cru Cafe(グラン クリュ カフェ)」を販売するショップの旗艦店。本来は年間契約のコーヒーセラーオーナーのための専用エリアだが、ビジターでも200gの焙煎豆が入ったボトル(1本1万円~)を購入すれば、2週間ボトルをキープでき、6杯分のコーヒーを飲める。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す