豪華すぎ! 銀座最大の商業施設「ギンザシックス」の見どころは……(日経トレンディネット)



2017年4月20日、銀座最大の商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」がついに開業。専門誌3誌(「日経デザイン」「日経デジタルマーケティング」「日経ビッグデータ」)による視点を交え、その全貌を徹底解剖する連載企画。第1回は施設の看板となるファッションと雑貨を中心にテナントの見どころを紹介する。

【関連画像】カルチュア・コンビニエンス・クラブが展開する「銀座 蔦屋書店」(6階)は“世界一のアート書店”をめざしている。印象的なのが、高さ6メートルの書架に囲まれた中央の吹き抜けスペースだ

 銀座エリア最大規模の商業施設として“ラグジュアリーモール“を掲げる「GINZA SIX(ギンザシックス)」。館内には世界の一流ブランドから国内の伝統工芸まで241ブランドが軒を連ねる。そのうちの半数以上の121店舗が旗艦店の位置付けだ。さらに、銀座初83店舗、新業態65店舗、日本最大級35店舗と、かつてない規模と豪華さで他を圧倒する。

 フロアは地下2階が食品、地下1階がビューティ、1~5階がファッション&ライフスタイル、6階が書店&カフェ、レストラン、13階がレストラン&ラウンジで構成。店舗は、2階の巨大な吹き抜け空間を中心に回廊式に配置されている。視認性が高いインテリアデザインとポップな巨大バルーンのせいか、自然と上層階に導かれる設計になっているのが特徴だ。

 ラグジュアリーモールを象徴するのが、中央通り沿いの全長約115メートルに、2~5層のメゾネット式で大型旗艦店を構える6つのラグジュアリーブランド。西の角から「ディオール」「セリーヌ」「サンローラン」「ヴァン クリーフ&アーペル」「ヴァレンティノ」「フェンディ」と並び、ブランドの世界観を表すファサードが、館の“のれん”として通りに華やかさをもたらしている。

 インバウンドによる爆買いの失速や観光目的の変化、Eコマースの急拡大など、小売り業はいま大きな転換期を迎えている。そんななか、高級ブランドが集積するラグジュアリーモールが果たす役割は何か。施設を運営するギンザシックスリテールマネジメント・プロモーション部の岩原佳乃子部長はこう語る。

 「五輪に向けて東京が大きく変わるなか、銀座がさらなる進化をとげるための起爆剤がギンザシックスだ。訪日外国人観光客の6割が銀座を訪れる。ネットでモノを買う時代だからこそ、特別な空間やサービスを体験できるリアルなスぺースが価値を生み、圧倒的な旗艦店の集積が相乗効果につながると期待している」

 世界から注目を集める銀座の新ランドマークとなる「ギンザシックス」。次ページからは、館内の見どころを紹介する。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す