BenQ、USB Type Cを採用した27型4K液晶ディスプレイ「SW271」




BenQ、USB Type Cを採用した27型4K液晶ディスプレイ「SW271」

2017年12月7日 15:47掲載

ベンキュージャパンは、液晶ディスプレイの新製品として、27型4Kモデル「SW271」を発表。12月10日より発売する。

2016年7月に発売された27型WQHDモデル「SW2700PT」の上位機種。4K UHD(3840×2160ドット)の高解像度に加え、10bitパネルを採用し、Adobe RGBカバー率99%、sRGBカバー率100%の広い色空間を実現する。

また、黒から白までのダイナミックレンジ全体を広げるハイダイナミックレンジ(HDR)にも対応。自然界で目にする色に限りなく近い画像を描写することができる。インターフェイスにUSB Type Cを採用しており、1本のケーブルでビデオ信号とデータを送信することが可能だ。

さらに、ハードウェアキャリブレーションにも対応。無料ダウンロードできるソフト「Palette Master Element」を使用することで、簡単に本格的なカラーマネジメント環境が実現。PC設定の影響を受けることなく、画像とオリジナルコピーとの一貫性も確保する。

主な仕様は、解像度が3840×2160ドット、液晶パネルがIPS、視野角が上下左右178度、輝度が350カンデラ、応答速度が12ms(GTG 5ms)、コントラスト比が1000:1(DCR 2000万:1)。インターフェイスは、HDMI 2.0×2、DisplayPort 1.4×1、USB Type C×1(電源供給はなし)、ヘッドホン×1を装備する。

このほか、本体サイズは504.49(幅)〜610.95(幅)×613.8(高さ)×213.43(奥行)mm。重量は約9.3kg(遮光フード装着時は約10.5kg)。ボディカラーはグレー。

価格はオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

液晶モニタ・液晶ディスプレイ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す