Thermaltake、12000dpiまでの解像度に対応するゲーミングマウス




Thermaltake、12000dpiまでの解像度に対応するゲーミングマウス

2017年4月9日 7:10掲載

アスクは、Thermaltake製ゲーミングデバイスのブランド「Tt eSPORTS」より、ゲーミングマウス「VENTUS X RGB」の取り扱いを開始。4月14日より発売する。

最大12000dpiまでの解像度調整に対応する、高性能PIXARTセンサーを搭載したゲーミングマウス。左右のクリックボタンには、2000万回のクリック耐久性を誇るオムロン製スイッチを採用している。

また、6つのプログラマブルキーと5つのプロファイルにより、最大30通りのマクロ登録に対応。3個のおもりによる重量調整に対応しており、多彩なカスタマイズ機能を備える。

さらに、バトルドラゴンとホイール部には約1680万色での発光に対応するバックライトを搭載。専用ソフトを使用することで、カラー設定やエフェクトの切り替えが可能だ。

主な仕様は、読み取りセンサーが光学式、ボタン数が6個、最大解像度が12000dpi。本体表面にはハニカム状のホールを設けることで、すぐれた通気性を実現。エルゴノミックデザインを採用し、手にフィットしやすく長時間の使用にも最適な設計になっている。

このほか、インターフェイスはUSBに対応。本体サイズは71(幅)×128.8(高さ)×42.6(高さ)mm。重量は4.5gのおもり×3で調節可能。ケーブル長は1.8m。ボディカラーはブラック。

市場想定価格は5,980円前後(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!



関連コンテンツ

マウス関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す