ファイル共有を実行しよう(Windows 10編)



ファイル共有の概要

フォルダの共有

「ファイルの共有」を行うことで、異なるPC間のデータのやりとりがかなり便利になる

まず最初に、Windows 10を含むWindowsのファイル共有の概要について解説しよう。ファイルを共有するには、共有したいファイルを1つのフォルダに入れ、そのフォルダを共有できるように設定するのが基本だ。

たとえば、経理で利用する「1月分給与明細.xls」「2月分給与明細.xls」「3月分給与明細.xls」といったファイルをdataといったフォルダに保存し、そのフォルダを共有できるように設定する。

一方、ファイル単位の共有も可能だ。共有するファイルが1つであれば、ファイル単位の共有を利用してもよい。ドライブ単位の共有も可能だ。しかし、ドライブの共有は、セキュリティ上あまりお勧めできない。

なお、どちらの設定方法も後に述べるフォルダの共有方法と同じだ。

Windows 10の設定で確認しておきたい項目

Windows 10で共有を実行するための設定の多くは初期値のままでよいのだが、ユーザ名やパスワードを利用しないで共有するには、以下の1点を確認して欲しい。

1.画面右下の「通知領域」にあるネットワークアイコンを右クリックして、「ネットワークと共有センターを開く」を選択する

undefined

 

2.「共有の詳細設定の変更」を選択する

undefined

 

3.「すべてのネットワーク」の「V」の形をしたボタンを押して展開する

undefined

 

4.「パスワード保護共有」にある「パスワード保護共有を無効にする」をonにして「変更の保存」ボタンを押す

undefined

 

次に、フォルダの共有設定をしよう。共有対象のフォルダには、共有したいファイルをコピーしておく。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す