日本エイサー、GeForce GTX 1000シリーズ搭載のゲーミングPCを2モデル



日本エイサーは14日、ゲーミングPC「Predator」シリーズから、タワー型デスクトップの「G1-710-H76I/G」と「G3-710-H58G/G」を発表した。4月7日から発売する。価格はオープン、店頭予想価格(税別)はG1-710-H76I/Gが235,000円、G3-710-H58G/Gが140,000円。

G1-710-H76I/G

G1-710-H76I/G

「G1-710-H76I/G」は、ディスクリートGPUにNVIDIA GeForce GTX 1070を搭載するゲーミングデスクトップPC。CPUにはKaby Lake世代のIntel Core i7-7700を搭載するほか、ストレージに256GB SSD+2TB HDDを内蔵するなど、高速化と大容量化を図っている。通信機能として、Gigabit Ethernet対応有線LANのほか、IEEE802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1を装備。

音響面では、「Sound Blaster X-Fi MB5」を内蔵。立体感のある高品質サウンドを出力する。電源には230WのACアダプター×2個を使用し、PC内部の熱の発生を抑制している。「ファイナルファンタジーXIV」「ドラゴンクエスト X」の推奨認定済み。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700(3.60GHz)、チップセットがIntel H170、メモリがDDR4-2400 16GB(8GB×2、最大64GB)、ストレージが256GB SSD+2TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1070(8GB)、光学ドライブがDVDスーパーマルチ。OSはWindows 10 Home 64bit。

ネットワークはGigabit Ethernet対応有線LAN、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、インタフェースはUSB 3.1 Type-C×1、USB 3.0×5、HDMI×1、DVI-D×1、DisplayPort×3など。本体サイズは約W115×D422×H355mm、重量は約8.5kg。

G3-710-H58G/G

G3-710-H58G/G

「G3-710-H58G/G」は、グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 1060を搭載するモデル。トンネル式エアフロー構造の「IceTunnel冷却システム」を採用し、ケース内部で空気の流れるフィールドを最適化。フロントと左サイドから空気を取り込んで、背面へと排熱する。音響面では「Sound Blaster X-Fi MB5」を内蔵。

主な仕様は、CPUがIntel Core i5-7400(3.00GHz)、チップセットがIntel B150、メモリがDDR4-2400 8GB(4GB×2、最大64GB)、ストレージが128GB SSD+1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060(3GB)、光学ドライブがDVDスーパーマルチ。OSはWindows 10 Home 64bit。

ネットワークはGigabit Ethernet対応有線LAN、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0。インタフェースはUSB 3.0×6、USB 2.0×2、HDMI×1、DVI-D×1、DisplayPort×3など。本体サイズは約W180×D409×H510mm、重量は約10kg。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す