ファイルやノートを整理できない人はとにかく「temp」に保存せよ(脱「できない人」のための仕事術)



 「働き方改革」が叫ばれているが、それは何も会社だけが取り組むべきことではない。やり方によっては、個人レベルでも仕事の効率を上げることは可能なはずだ。

 この短期集中連載では、「仕事ができない人」から「できる人」になるための仕事術をテーマに、個人で実践できる業務効率化テクニックを紹介する。ちょっとしたアイデアテクニックから、ヘビーにアプリを使いこなすと成果が出るテクニックまで、披露する。

 今回取り上げるのは、ファイルやノートの管理に使える、ちょっとしたテクニックだ。「すでに知っている」という読者にも、ノートの整理に応用するなど、新しい使い方を考える機会になるはずだ。

 早速だが、今開いているウインドウをすべて閉じて、デスクトップを見ていただきたい。Windowsなら、「Windows」+「D」キーのショートカットで、ウインドウを一度に最小化できるはずだ。

 デスクトップにはアイコンがいくつも並んでいるだろう。ごみ箱や「コンピューター」のような標準アイコン、自分で作ったファイル、インストールしたときに勝手に追加されたアプリまで……。

 書類を作ったら、とりあえずデスクトップに置いておくという人が少なくない。だが、デスクトップに膨大な数のアイコンが並んでいるのは、効率的とはいえない。整理整頓が難しく、数が増えるほどに混乱する。そこで、5秒で整理する方法を紹介しよう。

デスクトップにアイコンを並べまくっている人は多い。この画面はまだ少ない方で、デスクトップ一杯になっている人もいるだろう。

[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ

一時保存フォルダーに全部入れる


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す