デスクトップ/業務アプリケーション、OSS鳥瞰図【第3回】 – IT Leaders



日本OSS推進フォーラム クラウド技術部会は、IT Leadersが2012年5月に公開した「OSS鳥瞰図」を完全リニューアルし、「OSS鳥瞰図2017年α版」を作成した。本連載はこれに基づき、主なOSSをカテゴリ毎に解説している。第3回は「デスクトップ・業務アプリケーション」カテゴリに焦点を当てる。

 オープンソースソフトウェア(OSS)といえばDBMSなどのミドルウェアやソフトウェア開発、システム運用に関わるツールなどIT専門家向け…こんな印象を持つ人は少なくないと思いますが、実は一般のユーザーが業務で直接利用するOSSも多数存在します。そのためOSS鳥瞰図2017年α版では「デスクトップ・業務アプリケーション」というカテゴリを設けています(図1)。 

図1 OSS鳥瞰図の「デスクトップ・業務アプリケーション」カテゴリ
拡大画像表示


 有名どころを挙げると、Firefox(ブラウザ)、Chromium(Chromeの元となったブラウザ)、Thunderbird(メール)、OpenOffice(オフィスソフト)、Aipo(グループウェア)、Zimbra(コラボレーションソフトウエア)、SugarCRM(顧客関係管理)といったOSSがあります。ユーザーが直接利用するため認知度が高くなりやすく、人気が出ると息の長いOSSになるものも少なくありません(図2)。 

図2 Firefoxブラウザの改変履歴。非常に息が長く、それだけにきめ細かく頻繁に改良されている
拡大画像表示


 「特定用途に特化」したOSSが多く、同一のサブカテゴリのOSSでも用途は全く異なるのが特徴です。例えば、サブカテゴリ「デスクトップ」にFirefoxとThunderbirdという2つのOSSが掲載されていますが、前者はブラウザ、後者はメール、というように用途が全く異なります。しかしどちらもデスクトップで利用されるOSSということでこのサブカテゴリに掲載しています。

 「特定用途に特化」しているにも関わらず、このカテゴリのOSSは非常に多機能です。実のところユーザーは通り一遍の使い方さえマスターしてしまえば問題なく使える、つまりマニュアルを読まなくてもそれなりに活用できますが、実際には使い切れないほどの機能を搭載しているものが多いという特徴があります。このことは、ユーザーによって使用している機能がかなり偏っているケースが多いことを意味しており、「すべての機能」に習熟しているユーザーは非常に少ないようです。そのため主なOSSには利用方法を尋ねたり、シェアしたりする情報共有目的のコミュニティが存在します。

2017年版デスクトップ・業務アプリケーションについて

 OSS鳥瞰図の2012年版と比べた時、2017年α版ではどの程度差異があるのか。答を言えばなくなってしまったOSSはほとんどありません。これは他のカテゴリのOSSではあまり見られない特徴です。このカテゴリに属しているOSSのユーザーは操作方法も含めてよく理解し、習熟している面があります。そうしたユーザーは一般に「操作が変わる」ことを嫌うこともあり、1つのOSSに習熟すると同じ利用目的でも他のOSSにはなかなか移行しません。結果として長くそのOSSを支持するファンが存在しますし、当然、開発も活性化します。そのためWebブラウザのように同じ目的のOSSが複数並立し、活発に開発されることとなります。

 増えているサブカテゴリを見てみましょう。「デスクトップ」のメールソフトでは、2012年版では「Thunderbird(図3)」しか掲載がありませんが、2017年α版には「Evolution」、「Sylpheed」が追加されています。それぞれ支持するユーザーがいて開発も活発。開発者からすれば競争の激しいカテゴリであり、ユーザーから見れば選択肢が多い領域だと言えるでしょう。「デスクトップ」のカテゴリではほかにも最近になって追加されたOSSがあります。IM(Instant Messenger、メッセージングソフト)がそれです。ユーザーが直接使うソフトウェアでは、その時々の流行などにより大きな変化が起きますが、今回はIMの追加が大きな変化でした。 

図3 「Thunderbird」の画面。メール・クライアントに求められる必要な機能を網羅し、IMの機能も備える
拡大画像表示


 オフィススィートはOSSのオフィスソフトの草分けであるOpenOffice.orgの流れを受け継ぐApache OpenOfficeとLibreOffice(図4)の2つのOSSが掲載されています。オフィススィートとは、ワープロ・表計算・プレゼンなどのソフトウェアをひとまとめにしたパッケージで、他のOSSにくらべ非常に巨大なソースコードで構成されたソフトウェアとなっています。LibreOfficeは、OpenOffice.orgの開発者の多くが継続して開発に参加していることもあり、非常に活発に開発が行われています。 

図4  LibreOfficeの画面例。表計算、文書作成、プレゼンテーションなど機能は充実している
拡大画像表示


 一方、サブカテゴリ「BI(Business Intelligence)」については、今後カテゴリの見直しが進む可能性があります。企業の持つ様々なデータを分析してレポートを作成したり、日々刻々と変化する指標を見える化するダッシュボードを提供したりするBIツールですが、これらはBigDataの分析ソフトウェアとしても使われるようになってきています。

 他のサブカテゴリですが、「グループウェア」は企業での情報共有の仕組み、「CRM(Customer Relationship Management)」は顧客情報の管理システム、「ERP(Enterprise Resource Planning)」は企業のさまざまな経営資源管理システムということで、それぞれ代表的なOSSを掲載しています。このあたりになると、今なお日本企業には少し縁遠いかもしれません。特にCRMやERPのOSSとなると、そのまま導入できるケースは希で、カスタマイズが必須になるからです。

 OSSの業務ソフトをカスタマイズするために外部のソフトウェア会社に依頼すると、OSSの利点の1つである費用の安さを享受しにくくなります。もちろんソースコードが開示されているOSSですので、自ら手を入れることも可能ですが、それができる企業は限られるでしょう。それでも、例えばSugerCRMなどは日本企業でも採用事例が増え、浸透しつつあります。同時に各OSSの有償支援サービスを提供するソフトウェア会社も増えています。

◇ ◇ ◇

 以上のように、デスクトップ・業務アプリケーションカテゴリに掲載されているOSSはユーザーにとって身近なOSSであり、非常に多機能かつ長生きなものが多いのが特徴です。それだけ洗練され、採用企業の事例も比較的多く、ユーザコミュニティが発達しているOSSも少なからずあります。カスタマイズを抑えることができれば、企業でのOSS利用の入門として適しているとも言えます。食わず嫌いにならずに、まずはこのカテゴリにあるOSSから触れてみることをお勧めします。

筆者プロフィール

大釜 秀作(おおがま・しゅうさく)

日本OSS推進フォーラム クラウド技術部会メンバー

住友電気工業(SEI-CSIRT室 主幹/情報システム部情報技術部 主幹)


 


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す