iiyama PC「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」よりVRreadyのGTX 1060を搭載したゲーミングノートPCを販売開始! – VR Inside



     

img_126985_1

パソコン工房を運営する株式会社ユニットコムは4月19日より、信頼のJAPAN QUALITY「iiyama PC」ブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」より、15型フルHD薄型ゲームノートパソコン「LEVEL-15FX093-i7-RNFR[Windows 10 Home]」の販売を開始いたしました。

VRredeyの高性能グラフィックボードを搭載したハイスペックなゲーミングノートPCとなっております。

NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 1060搭載

10141850_5800aa7f832a2

「NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 1060」はGeForce GTX 900シリーズの後継モデルとなる新世代GPUアーキテクチャ「Pascal(TM)(パスカル)」を採用。

前世代のハイエンドモデル「GTX 980」に迫る性能を備えながら、消費電力は「GTX 960」と同等とワットパフォーマンスに優れています。

フルHD以上の解像度によるゲームプレイや、VRでの高解像度ゲーム・コンテンツを楽しみたいユーザーに最適なGPUです。

VR READY対応ビデオカード採用

01101255_58745b21eacaa

より高精細で滑らかな動きが重要となるHMD(ヘッドマウントディスプレイ)でのVRでは、一般的なパソコンゲームをはるかに上回る描画性能が要求されるため、NVIDIA「VR READY」対応のビデオカードを採用しています。

※パソコン工房は、iiyama PCのLEVEL∞シリーズで、NVIDIAの『GeForce GTX VR READY』パートナープログラムへ公式に参加しています。

高解像度・フルHD液晶採用

fullhd

HD 解像度(1366×768)に対し、表示面積が約2倍のフルHD 解像度(1920×1080)液晶を採用しています。

迫力のゲームプレイや、表計算ソフトなどの使用において、作業効率が大幅にアップします。

Blu-ray(フルHD映像)や地デジ(解像度:1440×1080)をフルに体感するには、フルHDが必須となります。

スタイリッシュな31mm本体厚アルミボディ

p650hp6_level_gallery_09_d

天板や、パームレストにはアルミヘアライン加工が施された、スタイリッシュなデザインとなっており、ハイスペックなゲーミングノートパソコンをイメージさせます。

背面にはアルミパネルを採用しており、ハイスペックを詰め込みつつも本体厚31mmの薄さと剛性を両立しています。

SSD+HDD のツインドライブ構成

ssd_100

メインドライブにSSD(Solid State Drive)を、データドライブにHDD を組み合わせることで、高速動作と大容量のデータ保存領域による、ダブルの快適性をパッケージングしました。

SSDは大容量のフラッシュメモリーを使った、ハードディスクの代わりとなる記憶デバイスです。メリットとしては耐衝撃性が非常に高い事が挙げられます。

また駆動装置となる部分の簡略化に伴いデータの読み書きが高速化されて静音化が高まると同時に、消費電力・発熱量が少なくなるなど、これまでハードディスクドライブでネックとなっていた欠点をほぼカバーする、非常に高い信頼性を持つ次世代の記憶デバイスです。

第7世代インテル(R) Core i7プロセッサー搭載

『Kaby Lake』アーキテクチャを採用した第7世代Core i7プロセッサーは、前世代『Skylake』同様に14nmプロセスルールで製造されています。

前述の最適化により、Skylakeの同グレードCPUに比べてある程度のクロックアップを達成するなど、基本性能が向上しました。メモリコントローラーも改良され、従来のDDR3のサポート(※1)に加えて、より高速に動作するDDR4-2133/DDR4-2400メモリに対応(※1)しました。

またTurboBoostテクノロジーも改良されており、TurboBoost時のクロックが従来に比べ大幅に上昇するようになりました。

DDR4 SDRAM SO-DIMM メモリ搭載

ddr4_sodimm_100

主にPC用のメインメモリ用の規格として策定された、半導体メモリ[DRAM]の規格の一種、DDR3 SDRAMの上位規格。DDR4規格は前世代となるDDR3規格(発表時)と比べて、約2倍にあたる高速な転送速度(帯域幅)を持ち、駆動電圧は1.5Vから1.2Vへと20%電圧が引き下げられ、さらにDDR4固有の省電力化機能とあいまって、標準的なDDR3と比較して最大で40%の消費電力低減が可能です。

SO-DIMMとはメモリモジュール規格の一種で、一般的なデスクトップ用メモリモジュール(DIMM)よりも小さく、おそよ半分の大きさとなっており、主にノートパソコンや省スペースパソコンで使用されています。

LEVEL-15FX093-i7-RNFR[Windows 10 Home]スペック

モデル名 LEVEL-15FX093-i7-RNFR [Windows 10 Home]
CPU Core i7-7700HQ
グラフィックス GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
OS Windows 10 Home 64ビット
メモリ容量 8GB(8GB×1)
1stストレージ Serial-ATA SSD 240GB
2ndストレージ Serial-ATA HDD 1TB
外部端子 ヘッドフォン / S/PDIF光出力×1 ,マイク入力×1 ,ラインアウト×1 ,USB 3.1(Type-C)ポート×2 ,USB 3.0ポート×3 ,ディスプレイ出力(HDMI×1/MiniDisplayPort 1.3×2)
バッテリー持続時間 (※JEITA測定法Ver.2.0準拠) 約4.2時間(約4時間13分)
重量 約2.87kg(※バッテリー含む)
サイズ 約幅385mm×奥行272mm×高さ31mm(※最大突起物を含まず)

[関連記事]:http://vrinside.jp/news/vr-ready/

[関連記事]:http://vrinside.jp/vr-ready-gaming-pc-detail/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

1ch

Writer: フラッシュ黄金期にゲームや映像に魅せられ、趣味でバンドのミュージックビデオや映像を作成しながら音楽も作っていたりしています。
芸術、文化、社会的な側面からVRという新媒体を見守り、新しい情報やゲームを紹介していきます。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す