BIOSTARからインテル向けのMini-ITXマザー2モデルが発売



BIOSTAR「Z270GTN」、「B250GTN」

2017年04月19日 23時29分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp


 BIOSTARから、チェッカーフラッグをモチーフにした「RACING」シリーズのマザーボード「Z270GTN」と「B250GTN」が発売されている。どちらもMini-ITX対応の製品。パソコンショップアークやパソコン工房秋葉原BUYMORE店で販売中だ。


チェッカーフラッグをモチーフにした「RACING」シリーズからMini-ITX対応の2モデルが販売中

「Z270GTN」

 「Z270GTN」は、チップセットにZ270を採用したMini-ITX対応のマザーボード。カーボン調デザインのヒートシンクに、カスタマイズ可能なRGB LEDイルミネーション機能を搭載する。



Z270を採用したMini-ITX対応のマザーボード「Z270GTN」

 主なスペックは、拡張スロットはPCI Express(3.0) x16×1。メモリーがDDR4 DIMM×2(DDR4-3200/2400/2133、最大32GB)という構成。

 オンボードデバイスは、インテルI219-Vによるギガビットイーサやサウンド(Realtek ALC892 8CH HD)、M.2×1、U.2×1、SATA×4、USB 3.0×6、USB 2.0×4を搭載。グラフィックス出力機能としてHDMI 1.4×1、DVI-D×1を備える。

 価格は1万6718円。

「B250GTN」

 「B250GTN」は、チップセットにB250を採用したMini-ITX対応のマザーボード。こちらも「Z270GTN」同様、カーボン調デザインのヒートシンクに、カスタマイズ可能なRGB LEDイルミネーション機能を搭載する。



チップセット以外のスペックは「Z270GTN」とほぼ同じの「B250GTN」

 主なスペックは、拡張スロットはPCI Express(3.0) x16×1。メモリーがDDR4 DIMM×2(DDR4-2400/2133、最大32GB)という構成。

 オンボードデバイスは、インテルI219-Vによるギガビットイーサやサウンド(Realtek ALC892 8CH HD)、M.2×1、U.2×1、SATA×4、USB 3.0×6、USB 2.0×4を搭載。グラフィックス出力機能としてHDMI 1.4×1、DVI-D×1を備える。

 B250採用のため、価格は1万3478円と安い。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す