2017年9月に売れたゲーム機 3分の2が任天堂製 – livedoor



By Farley Santos

任天堂の公式サイトによると、Nintendo Switchの累計販売台数は470万台で、この数字は2012年に登場したWii Uの累計販売台数の3分の1を超える数値となっています。販売から7か月で早くも500万台の大台に乗りそうなNintendo Switchですが、日本だけでなくアメリカでも大人気のようです。

Nintendo News: Nintendo Systems Claim Two-Thirds of September Video Game Hardware Sales | Business Wire

http://www.businesswire.com/news/home/20171019005513/en/Nintendo-News-Nintendo-Systems-Claim-Two-Thirds-September

市場調査会社のNPD Groupが、2017年9月にアメリカで販売されたゲーム端末の中で最も多くの販売台数を記録したのがNintendo Switchであることを発表しました。アメリカでの月間販売台数でNintendo Switchが1位となったのは9月で3か月連続となり、2017年3月に発売されて以来、7か月で5度目の首位獲得となっています。なお、調査によるとNintendo Switchの販売台数はアメリカだけで既に200万台を突破しており、アメリカでも特に大きな商戦のひとつであるホリデー・ショッピングシーズンをいまだに迎えていないため、今後も販売台数は伸びるとみられています。

NPD Groupによると、任天堂のゲームハードであるニンテンドー3DSとニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンの北米版である「SNES Classic Edition」、さらにNintendo Switchの販売台数を合わせると、2017年9月にアメリカで販売されたゲームハードの実に3分の2を占めるとのことです。

なお、ゲームソフト全体の販売数ランキングとしては、「マリオ+ラビッツ キングダムバトル」が7位、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が10位、「マリオカート8 デラックス」が11位となっています。

なお、今後発売が予定されているNintendo Switch向けのゲームタイトルとしては、10月27日に「スーパーマリオ オデッセイ」、12月1日に「ゼノブレイド2」の他、2018年初頭には「The Elder Scrolls V:Skyrim」などのサードパーティー製人気タイトルも続々登場予定です。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す