アルティメット人狼7解説―潤んだ瞳のそばに陰謀―



究極の人狼

人狼の図

様々な分野で活躍するプロたちが、人狼の土俵で戦います

究極の人狼。ゲームクリエイター、役者、棋士など、様々な分野で活躍するプロが集い、人狼勝負を競うアルティメット人狼。その第7回となる「アルティメット人狼7」が、2016年10月2日、イベントホール「新宿FACE」にて開催され、ニコニコ生放送でも中継されました。今回はそのアルティメット人狼7について、詳しく解説をしてみたいと思います。解説するのは2部構成で4試合行われたうちの、第2部第1戦。これ以降は、ほぼネタバレとなりますので、可能な方はニコニコ生放送のタイムシフトで試合を観戦することをオススメします。

【関連サイト】
アルティメット人狼7 supported by ファミ通.com(niconico)

タイムシフト予約できなくてもう見られない、という方にも、試合の流れが分かるようにお話しますので、これで面白そうと思っていただけたら、次はぜひご覧になってみてください。また「人狼ってどんなゲーム?」という方は、過去に人狼の基本ルールについてご紹介した記事がありますので、そちらをご覧ください。

【関連記事】
「犯人はこの中にいる!」なゲーム 人狼(AllAboutゲーム業界ニュース)

さあ、1試合振り返るとなるとかなり長くなってしまいますが、ぜひ最後までお付き合いください。

アルティメット人狼のルールと出演者

アルティメット人狼の図

舞台にはそうそうたるメンバーがずらっと並び、壮観です

アルティメット人狼のルールは、13人村、予言者、霊媒師、ボディガード、狂人が1人ずつ、人狼が3人、残り6人が村人という構成です。ボディガードは連続で同じ人を守れません。初日予言者は人狼でない人をゲームマスターから1人教えられてスタートします。今回の試合の出演者は、ゲームクリエイターから、名作アドベンチャーゲーム「428」などが代表作のイシイジロウさん(ゲームクリエイター人狼会主宰)、ドラゴンクエストXの安西崇さん(スクウェア・エニックス)、将棋RPGつめつめロードの大野聡さん(B.B.スタジオ)、ポケットモンスターシリーズでミュウツーの生みの親と言われる森本茂樹さん(ゲームフリーク)が参戦。将棋棋士から、中田功さん、村中秀史さん、そして女流棋士の香川愛生さん。

役者からは、舞台上で人狼をしながら即興でドラマを演じる「人狼 ザ・ライブプレイングシアター(以下TLPT)」の演者たち、石井由多加さん(人狼TLPT 自由人メイソン)、澤田拓郎さん(人狼TLPT 配達人ハイラム)、松崎史也さん(人狼TLPT 医師マドック)、寺島絵里香さん(人狼TLPT 菓子職人デイジー)、そしてTLPTのメンバーでもあり、同時にプロ雀士でもある大崎初音さん(女流プロ雀士・人狼TLPT 女主人ヒルダ )。最後に、渋谷や秋葉原、巣鴨にもできた人狼専用のプレイルーム「人狼ルーム」の代表であり、TLPTのゲームアドバイザーでもある人狼のプロ、児玉健さん(人狼ルーム代表・人狼TLPTゲームアドバイザー)、あわせて13名となります。

今回解説する第2部第1戦、大きなポイントとなったのは終盤に見られた香川さんの涙でした。この解説では、香川さんの涙と、その裏で起こったドラマにも切り込んでお話していきたいと思います。もしかすると、この記事を読んで1番衝撃を受けるのは、他ならぬ香川さん自身かもしれません。

ドラゴンクエストX・安西さんのたくらみ

人狼3人の図

ある時から安西さんは、息を潜めつつ戦うようになります

試合の流れについて書く前に、少しだけお話しておくことがあります。この試合のキーマンとなる人物、安西さんについてです。実はガイドは、この記事を書くにあたって、安西さんにお話を伺っていました。安西さんはこの試合、2つのことを考えていました。1つは香川さんに投票しないこと。香川さんはこの日宮崎で将棋の試合があり、イベント開始直前に飛行機で駆けつけての参戦でした。少なくとも1戦目に関しては香川さんに投票しないぞと思っていたそうです。そしてもう1つ。これは試合の途中であるきっかけがあって、そう思うのですが、MVPを狙うということでした。アルティメット人狼では試合の最後にニコニコ生放送の投票でMVPが決定されますが、そのMVPを獲得することを考えていたといいます。対戦の事前に「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy」というゲームアプリで行われたMVP予想で1位になっていたことも、後押しになっていたようです。そして安西さんは、MVPを狙うからこそ、息を潜めて闘うことになります。

このことを頭の隅に覚えておいていただきまして、試合の流れをお話していきましょう。

初日 2人の霊媒師

データの図

これまで何回人狼をひいたかという事実と、今回人狼をひく確率には、関係がありませんが、グループ分けして話を動かしてみることに意味があります

初日、人狼をプレイする人の誰もが経験することですが、手掛かりが全くなく、推理をするのがとても難しい時間が訪れます。そんな推理のきっかけを作るべく動いたのは、ヒルダさんでした。ヒルダさんは過去のアルティメット人狼でどの席に最も多く人狼が座っていたか、というデータを持ってきました。過去人狼が多く座っている席にいたのは、ハイラムさん、村中さん、香川さん、大野さんの4人。ヒルダさんのデータは何かの根拠にできるようなデータではありませんが、議論を動かしていくきっかけにはなります。この日の投票は、手掛かりが少ないこともあり、まずはバラバラに票が分かれていきます。中田さんに2票が集まったところで、中田さんは霊媒師を宣言、自分に入れた人の中から、2票目を入れたヒルダに入れ返すと、今度はヒルダさんに票が集まり始めます。

結果的に、最初に挙げられた4人のうちの1人である村中さん、そしてヒルダさんの2人が最も獲得数が多い形で同票となり、最後2名にもう1度弁明の機会が与えられます。その際、村中さんは「自分は何の役職もない村人なので、ヒルダさんが役職を持っていれば処刑されるのは仕方がない」と言います。一方で、ヒルダさんは自分が霊媒師であることを主張、処刑しないように呼びかけます。この時点で、中田さんとヒルダさんの2名が霊媒師として名乗りを挙げたことになります。

決選投票は村中さん6票対ヒルダさん5票で村中さんの処刑。実はこの時、大きなヒントが村に落ちることになります。

2日目 分かっているフリと分かっていないフリ

人狼ゲームの図

ゲームの主人公のように、人狼の位置が見えていた中田さん。しかし、そこには人狼の罠がせまっていました

朝を迎えると襲撃されたのはイシイさんでした。霊媒師の結果は、中田さん、ヒルダさんともに処刑された村中さんを村人と判定。これで村中さんの村人は確定です。さらに、森本さんが予言者をカミングアウト、最初に知っていた村人をデイジーさん、昨晩香川さんを占い、村人と判定しました。そのカミングアウトに反応するように大野さんも予言者をカミングアウト、初日に知っていた村人はハイラムさん、そしてなんと昨晩は香川さんを占って狼と判定しました。これで香川さんは2人の予言者から村人と狼に判定される、いわゆる白と黒の混じった「パンダ」の状態になります。この流れから、大きく状況が見えた人がいます。それは霊媒師の中田さんでした。中田さんが注目していたのは、昨日の決選投票です。中田さんからすれば、ヒルダさんは偽物の霊媒師決定で人狼側です。決選投票でそのヒルダさんに入れたのは、メイソンさん、ハイラムさん、マドックさん、そして香川さんと中田さん本人でした。このことから、香川さんを村人と考え、その香川さんに狼判定を出した大野さんを偽物の占い師と判断します。なおかつ、2日目にまだ霊媒師が生き残っている状態で人狼判定を出した大野さんは、人狼ではなく狂人と考え、ヒルダさんを狼と判断しました。

こうなると、中田さんの目線では、昨日の決選投票で人狼だと考えられるヒルダさんに投票した人は全て村人で、そして逆にヒルダさんに投票しなかったイシイさん、森本さん、大野さん、安西さん、児玉さん、デイジーさんに人狼がいると推理できます。

実はこの推理はかなり正しい推理でした。ヒルダさんは人狼で、仲間の人狼は確かにヒルダさんへの投票を避けていました。しかし、推理は確かに概ね正しかったのですが、中田さんはミスも犯していました。それは、この推理を自信たっぷりに語り、断言していたことです。本来、中田さんの立場からは大野さんの真贋にしても、ヒルダさんが狂人なのか人狼なのかという点にしても、予想はできても断言ができないはずです。

逆に、ヒルダさんは断言を避けました。本当は、ヒルダさんは人狼なので、大野さんが何者なのかも、香川さんの正体も全てわかっていて、真実とは逆のことを自信たっぷりに語ることも可能でした。しかし分からないはずのことをはっきりと断言すれば、自分が人狼であることをつまびらかにするようなものですから、ヒルダさんは分かっていながら、分からないフリをしたのです。大野さんの真贋も、香川さんや中田さんの正体についてもです。

この日村人は、迷っているヒルダさんではなく、自信たっぷりの中田さんを処刑することになります。

3日目 人狼が仕掛けた2重の罠

人狼カードの図

この罠によって、村人は人狼のカウントが難しくなり、推理に歪みがでていきます

襲撃をうけていなくなっていたのはハイラムさんでした。予言者の結果は、大野さんは安西さんを占って村人判定、森本さんはメイソンさんを占って村人判定。そして霊媒師のヒルダさんは処刑された中田さんに村人判定を出しました。注目するべきは、ヒルダさんが中田さんに出した村人判定です。あれだけ断言を繰り替えし、人狼かもしれないと思われていた中田さんにわざわざ村人判定を出すのは、本物のようにも見えます。そして、ヒルダさんを信用した場合、実は占い師を宣言している大野さんの信用が少し上がります。

ヒルダさんを本物として考えると、中田さんが狂人となり、予言者の偽物は人狼です。しかし、大野さんは2日目にまだ霊媒師が生きている段階ですぐに香川さんに人狼判定を出していて、人狼がこれをしたとするとリスクがあるので偽物なら狂人濃厚と見られていました。逆に言うと、狂人でないなら、本物にも見えてくる、ということです。

ヒルダさんの霊媒判定を受けた村人は、2人いる予言者どちら側が本物か判定ができません。結果、皮肉な話ではありますが、消極的な村の延命策としてヒルダさんを処刑することになります。

ヒルダさんに投票する人は、「本物かもしれないけど……」と言葉を濁しながら投票する人もいます。ヒルダさんも、ここで処刑されるのは村の為にはしょうがないと健気に処刑されていきます。しかし、しかし全て嘘でした。

しかもここには2重の罠が用意されていました。それは、ヒルダさんだけでなく、大野さんも人狼だということでした。そう、人狼はヒルダさん、大野さん、児玉さんの3人で、本物の霊媒師は中田さん、本物の占い師は森本さんでした。しかし、村人は占い師と霊媒師の中に人狼が1人、狂人が1人、その他に人狼が2人いると考えてしまいます。この呪いに気がつかないと、村人はいつまで経っても最後の狼にはたどり着けなくなる可能性があります。

4日目 涙のわけとその裏の陰謀

アルティメット人狼の図

見られる方はぜひ、動画を確認してみてください。安西さんの投票で香川さんの表情がはっきりと変わります

朝、いなくなっていたのはデイジーさんでした。予言者の占いは、大野さんが襲撃されたデイジーさんを占っていて当然村人判定。森本さんは児玉さんを占っていて、人狼判定を出します。これで、大野さんと児玉さん対森本さんと香川さんの対立がはっきりします。そして、この日の投票は児玉さんと香川さんのどちらを処刑するか、ということを選ぶ日となります。村人からすると、狼もしくは狂人を1人しか処刑できてなく、狂人を含めた人狼陣営は3人。今生き残っているのは7名で、もし今日間違えれば、明日は生存者5人に対して人狼陣営3人で負けてしまう、決戦のタイミングです。

大野さんと児玉さんは香川さんに投票。そして森本さんと香川さんは児玉さんに投票します。そして、マドックさんが香川さんに投票した時、香川さんは「負けた……ごめん……」とつぶやきます。というのは、香川さんは安西さんを最後の狼、つまりラストウルフであると疑っていました。この試合、安西さんにいつもの切れの良い推理は見られず、息を潜めていたからです。だから、マドックさんが香川さんに入れた時点で、安西さんにも入れられて負ける、と思ったのでした。

しかし、安西さんは香川さんに投票せず、児玉さんに投票します。そこで香川さんは信じられないといった表情を見せます。それが、大事件を起こします。児玉さん3票、香川さん3票となった時、最後の1票を握ったメイソンさんは、どうしても決めきれず、大野さんに投票することで決選投票に持ち込みます。

決選投票前、児玉さんと香川さんに最後の弁論が許されます。そこで香川さんは、感極まって泣いてしまいます。勘違いしないでいただきたいのですが、泣いたからといって、人狼ではないとは限りません。香川さんは時には嘘泣きをしてでも信用を取ることもあります。そしてアルティメット人狼に出ているプレイヤーであれば、そんなことは分かっています。しかし、この時の涙は本物でした。

試合後、香川さんに尋ねると、人狼かもしれないと思っていた安西さんが児玉さんに投票したことで、「ああ、村人だった、信じていいんだ」と思い安心してしまったと言います。同時に香川さんの視点からはマドックさんが最後の狼であるとほぼ確定したことからも、気持ちが緩み、涙が出てしまった、と。何度も人狼の対戦を重ねる香川さんではありますが、それでも人を疑う辛さはあり、叶うならば信じたいという気持ちが強すぎて出た涙でした。

しかし、真実はそんな香川さんの想いとは全く別のところにありました。ここまで、息を潜めながら、人狼の動きをじっと見つめていた人物がいます。他ならぬ安西さんです。彼は実は狂人でした。狂人ですから、予言者が2人、霊媒師が2人名乗り出た時、その中に人狼が2人いることにすぐ気がつきました。そして彼は考えたのです、5人目の役職者としてカミングアウトすることもできるが、潜伏して最後まで生き残り、土壇場で人狼を救って勝利をもぎ取り、実は狂人だったと明かすことでMVPを狙おうと。

安西さんは、大野さんが人狼ではないかとあたりをつけていました。しかし、狂人は村人と同様で、誰が人狼であるかの確定情報はありません。最後の2択は安西さんにしても決定的な証拠は持たないまま投票しなければいけません。そこで、もう1つ安西さんが決めていたことを思い出してください。宮崎から駆けつけた香川さんには投票しない、ということです。

そこで安西さんは、今日は児玉さんに投票することにしました。そして、明日もう一度見極めて、大野さんが人狼だと判断した時には、全力で守って、勝利とともにMVPを取りに行こうと考えていました。香川さんの涙の裏で、安西さんはもっともっと恐ろしいたくらみを考えていたのです。

最終日 呪いの解けた村

人狼の図

最終日、大野さんは全員から票をもらって散っていきます。さすがの大野さん、見事なやられ役です

しかし、安西さんには大きな誤算がありました。それは、安西さん自身が人狼によって噛まれてしまうことです。夜が明けた村には、安西さんの姿はありませんでした。これで、大野さんが人狼か見極めることも、ましてや守ることもかなわなくなってしまいました。そして、運命の最終日、森本さんは開口1番「驚きました、マドックさん村人です」と宣言します。森本さんはメイソンさんにも香川さんにも既に村人判定を出していて、最後に残ったマドックさんに村人判定を出したことで、大野さんが人狼となります。そうすると、森本さんの目線からは、霊媒師と占い師の両方に人狼がいたことになり、中田さんを村人判定したヒルダさんの判定に矛盾が生じます。そこから、ヒルダさん、児玉さん、大野さんの人狼が確定し、狂人がいつの間にかいなくなってしまった、と気がつきます。ここにきて、人狼が占い師と霊媒師の両方に出ることで村にかけていた呪いが解けて、真実にたどり着くのです。

次いで大野さんが、メイソンさんに村人判定が出たと伝えます。普通に考えれば大野さんの視点では、森本さんが狂人、香川さんとマドックさんが人狼という状況になります。ただし、その場合は狂人が人狼と票をあわせて勝利する、いわゆる「パワープレイ」が発生します。それが起きないということから、マドックさんを村人として、森本さんと同じく、狂人がいなくなったという主張を始めます。

大きく分かれたのは、占い結果の差でした。マドックさんからすると、もし森本さんが人狼だった場合は、自分に人狼だと言ってくるはずだと身構えていました。しかし、議論が始まるなりマドックさんは村人だと言われたことで、本物の占い師に見えました。対して、メイソンさんに村人判定を出した大野さんは、マドックさんが人狼である可能性を残していて、最終的にマドックさんを村人だと認めますが、森本さん程の信用を得ることはできませんでした。

結果、人狼がしかけた呪いは解け、狂人不在で占い師と霊媒師の両方に人狼が化けていたことが解明され、大野さんは森本さん、香川さんからはもちろんのこと、最後はマドックさんとメイソンさんから同時に投票され、全ての村の投票を集めて処刑。村に平和が訪れます。

ゲームの中のドラマ

人狼ゲームの図

ぜひ、会場にも観に行ってみてください。また、これを見てから人狼を遊んでみるのも楽しいと思います(イラスト 橋本モチチ)

1番最初に正確な推理を繰り出したのに処刑されてしまった中田さん、分かっているのに全部とぼけながら大暴れしたヒルダさん、安西さんを信じることができて涙した香川さん、その香川さんを裏切ることも企んでいた安西さん、そして2日目に香川さんに人狼判定を出しながら、最後の最後まで香川さんを処刑できず、すべての村人から投票をもらって散っていったお茶目な大野さん。アルティメット人狼には、色んな思いが交錯し、一筋縄ではいかないドラマがたくさん待ち構えています。もし、まだ見たことがない人が、この記事を読んで見たつもりになっていたとしたら、それは大きな間違いです。これだけ長い文章で解説してきましたが、本当は、もっともっと書ききれない、プレイヤー達の動きがあります。

ゲームの中に、ドラマがあります。ぜひ、ご覧になってみてください。そして観たらまた、記事を読み返していただくと、さらに面白いかもしれません。

【関連記事】
知っているとカッコいい人狼のテクニック(AllAboutゲーム業界ニュース)
人狼の失敗しない嘘のつき方 初級編(AllAboutゲーム業界ニュース)
人狼の失敗しない嘘のつき方 上級編(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連サイト】
アルティメット人狼7 supported by ファミ通.com(niconico)
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す