【ゲーム株概況(6/23)】みずほ証券が目標株価引き上げの任天堂が続伸 シリコンスタジオも3日続伸 新作リリースのミクシィは材料出尽くしに – SocialGameInfo



6月23日の東京株式市場では、日経平均株価は3日ぶりに小反発し、前日比22.16円高の2万132.67円で取引を終えた。為替が1ドル=111円台前半まで円安方向に振れたことが追い風となったものの、週末を控えて手控えムードが強く、狭いレンジでの小幅な値動きが終日続く展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、任天堂<7974>が東証の売買代金トップとなるなど商いを膨らませつつ、続伸する展開となった。任天堂は、ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の好調による業績上ブレ期待などから、みずほ証券が目標株価を4万4000円から5万2000円に引き上げたことなどが好感されたもよう。

 


また、シリコンスタジオが一時6940円まで買われるなど3日続伸した。シリコンスタジオは、ミストウォーカーコーポレーションの新作『テラバトル2』を共同開発していることが明らかになったことが引き続き材料視されたようだ。
 


ほか、enishやカヤック、gumiなどがしっかり。

半面、Aiming<3911>が続落したほか、オルトプラス<3672>やケイブ<3760>、モブキャスト<3664>、アエリア<3758>などの下げがきつく、前日6月22日に新作『ファイトリーグ』をリリースしたミクシィ<2121>も目先の材料出尽くし感から6日ぶりに大幅反落した。

■関連銘柄




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す