GT-RをPS4のコントローラーで操作、シルバーストーンを211km/hで疾走 – carview!



英国日産は10月11日、プレイステーション用ソフトウェア『グランツーリスモ』シリーズ最新作『グランツーリスモSPORT』が今月18日に発売(国内発売は19日)されること、および同シリーズへ日産がコミットしてから20年が経つことを記念し、実車ベースのリモートコントロールカー(ラジコンカー)「GT-R/C」を製作したと公表。あわせて、GT-R/Cがレーシングドライバーのヤン・マーデンボローの操作によってシルバーストーンを疾走する動画をYouTubeにアップした。

GT-R/Cは、542馬力を発揮する2011年式R35 GT-RをベースにJLBデザイン社が製作したもの。圧倒的なパワーはそのままに、「DualShock®4」コントローラのジョイスティックとボタンによるドライビングを可能としている。コントローラからの入力は4台のロボットを介して、ステアリング、ミッション、ブレーキ、アクセルを動作させ、トランクに積んだ6台のコンピューターが最大で毎秒100回もの細かな動きを可能としているほか、エンジンカット機構など安全装置も2系統が備わっている。(carview!)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す