機動戦士ガンダムの戦艦「ホワイトベース」を独自のバランスで立体化 「V作戦セット」 – ニフティニュース



バンダイは、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する戦艦「ホワイトベース」と、「モビルスーツ(MS)」などのメカが付属する食玩(食品玩具)フィギュアのセット「FW GUNDAM CONVERGE(ガンダム・コンバージ) WHITE BASE &CONVERGE:CORE V作戦セット」の予約受付を、2017年11月8日から直販サイト「プレミアムバンダイ」限定で始めた。発送は18年3月の予定。

付属のMSと「コア・ファイター」はオリジナルカラーの特別版

「ガンダム」の世界観を独自の立体バランスでアレンジする「FW GUNDAM CONVERGE」シリーズから、「ホワイトベース」を全長約360ミリ、全高約160ミリのビッグサイズ、アニメカラーで立体化(18年3月に一般発売)。

内部までモールドが入れられたカタパルト、窓やアンテナの形状までこだわり抜いたというメインブリッジ、メガ粒子砲を再現した円状のカバーパーツまで、同艦の印象的な部分を緻密に再現。

作中で苦戦する「地球連邦軍」の大規模反攻計画「V作戦」をイメージし、「ガンダム」「ガンキャノン」「ガンタンク」「コア・ファイター」の特別版が付属。ホワイトベース隊所属の証「WB」のマーキング、同セットだけのオリジナルカラーリングを施す。

「ホワイトベース」の左舷と右舷はデッキが開閉できる構造で、「FW GUNDAM CONVERGE」シリーズのMSを、それぞれ最大3機格納可能。またMSを懸架するためのハンガー、脚部を固定するカタパルトなども備える。

ガム3個が付属する。

価格は2万4840円(税込)。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す