平松伸二「漫書&原画展」が高知で今週末に、トーク&サイン会も実施



平松伸二による「漫書」のイメージ。

平松伸二による企画展「平松伸二 漫書&原画展」が、11月18日と19日に高知・イオンモール高知の専門店街1階南コートにて開催。併せて19日には、平松のトークショーとサイン会が行われる。

代表作に「ドーベルマン刑事」「ブラック・エンジェルズ」「マーダーライセンス牙」などがあり、マンガ家を志す青年・伸二を主人公にした自伝的作品「そしてボクは外道マンになる」をグランドジャンプPREMIUM(集英社)にて連載中の平松。企画展では「漫画」と「書」を融合させた平松によるアート作品や、これまで描いてきたマンガの原画が展示される。

サイン会へは「そしてボクは外道マンになる」の単行本、または「漫書」をイオンモール高知のヴィレッジヴァンガードにて当日購入した人が参加可能。単行本の購入者は現物にサイン、「漫書」の購入者はサイン色紙にイラストとサインが入れてもらえるほか、平松と2ショット撮影ができる。なお「漫書展」とトークショーは観覧自由。詳細は会場の特設ページにて確認を。

ヴィレッジヴァンガード特別企画「漫書&原画展」

日時:2017年11月18日(土)、19日(日)
時間:10:00~22:00
会場:イオンモール高知専門店街1階南コート

トークショー&サイン会

日時:2017年11月19日(日)
時間:トークショー 14:30~15:00/サイン会 15:00~17:00


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す