第1回 EDIX関西、みらいの学びゾーン「学びNEXT」今日開幕 – ICT教育ニュース



リード・エグジビション・ジャパンが主催する「第1回 関西 教育ITソリューションEXPO」(EDIX関西)は、今日から3日間、インテックス大阪で開催する。

EDIX関西では、2020年から小学校でも必修となるプログラミング教育や、AI、ロボットを活用した教育などを集めた、みらいの学びゾーン「学びNEXT」も特設する。

会場では、小学校でのプログラミング教育必修化に向け、小学生向けの様々なプログラミング教材が出展。実際にプログラミングを行い、ロボットやミニカーを動かす体験ができる。ほかにもAIを活用した英会話ロボット、STEM教育など、これからの子どもたちに必要とされる、みらいの学びが多数出展される。

また同会場では、AI×教育(人工知能学会・山田会長)、ロボットの未来と教育のあり方(東京大学・高橋智隆氏)、自治体単位でプログラミング教育の実践が始まっている石川県加賀市教育委員会の事例など、最新の教育事例35セッションが同時開催される。

なお、展示会招待券(無料)は事前申込制。招待券がないと入場料¥5000が必要。

開催概要

日時:11月15日(水)~17日(金)10:00~18:00
会場:インテックス大阪
出展社数:300社を予定
来場者数:2万人を予定
同時開催: 第1回 関西 学校設備・サービス展

チケットの事前申込

関連URL

EDIX関西「学びNEXT」




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す