東京大会マスコット名は来夏発表 11日から小学生投票スタート – 北海道新聞



 2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットを選定する小学校の学級単位の投票が11日にスタートする。投票は来年2月22日に締め切られ、同28日に採用作品を発表する。ただ名前は商標権のハードルが高いため、改めて実績あるプロに依頼し、来年7~8月に公表する見通しだ。

 大会組織委員会はことし8月1~14日にデザインを一般公募し、2042件の応募があった。審査では玩具、漫画、アニメなど各企業の専門家によるチェックなどで98作品を選出。その後は有識者による審査会が選考し、9月下旬に16作品、10月13日に3作品に絞り込んだ。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す