SUV、ロードスターをアピールするマツダ【東京オートサロン2018 … – ニフティニュース



CX-3、CX-5、そして昨年発表されたばかりのCX-8のSUV3モデルと、ロードスターのカスタマイズを提案しているマツダ(西ホール1)。「CUSTOM STYLE 2018」とネーミングされた各車はフロント、サイド、リヤのアンダースカートやルーフスポイラー、ホイールやマフラーを交換して力強さをより高めている。

CX-3 CUSTOM STYLE 2018はボディ下まわりのエアロとルーフスポイラーをブラックカラーとして、より精悍な雰囲気に。

車高調サスペンションキットと20インチアルミホイールで“個性を輝かせる走りへの美意識”を主張するCX-5 CUSTOM STYLE 2018。

ロードスターRF CUSTOM STYLE 2018は、試作段階のパーツが数多く装着されており、今回の来場者の反応を今後の開発にフィードバックしていく予定。注目されるのは、リクライニングを廃したフルバケットタイプのRECAROシートだ。

シートバックは強固な剛性を感じさせつつも、過度に身体を締め付けることはない。表皮は豪華なアルカンターラ仕上げだ。

会場で販売されているグッズも見逃せない。リトラクタブルヘッドライトをアップした状態の、初代NAロードスターミニカーは当時のボディカラーを多数ラインアップ。1:43スケールで価格は8500円。

NAロードスターのレストアサービスを開始したマツダ。会場には既存の塗装を丁寧に剥がした状態の車体骨格や、ウッドステアリング、タイヤなど当時のデザインを再現したパーツが展示される。

マツダ国内向けモデルのフラッグシップSUVとなるCX-8は、ボートを牽引する状態でメインステージに展示。豊かなカーライフの相棒となるプレミアムな車格を主張している。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す