[恋愛暴君]ヒロイン声優・青山吉能の“変化”とは… 大役射止め涙も



アニメ「恋愛暴君」に声優として出演する青山吉能さん

 マンガ配信サイト「COMICメテオ」で連載中の三星めがねさんのラブコメマンガが原作のテレビアニメ「恋愛暴君」で、ヒロイン・グリの声優を務める青山吉能(よしの)さん。声優ユニット「Wake Up,Girls!(WUG)」のメンバーとしても活躍中の青山さんが単独でヒロインを演じるのは初めてで、普通の男子高校生・藍野青司の元に押しかけてきた、恋人作りが仕事のキューピッドの少女・グリを演じている。同作のオーディションに臨んだのは「演技に対する考えた方が変わった時期」で「決まった時は泣きました」と明かす青山さんに、“変化”や役への思いを聞いた。

 ◇キャラに向き合いオーディションに

 --役が決まった際に感じたことは?

 デビューして3年ほどですが、「恋愛暴君」のオーディションを受けた時が、演技に対する考え方が変わった時期だったんです。手応えはあまりなかったのですが、漠然と運命を感じていました。決まった時は泣きました。

 --考え方が変わったとは?

 役に対する姿勢について、いろいろな方の話を聞いたり、先輩方のお芝居を見て、私は台本を甘く読んでいたんだ!と気づいたんです。以前は、例えば、ツンデレキャラだったら、こういう演技だろう……というテンプレートを探していた。キャラと向き合えていなかったんですね。「恋愛暴君」では、グリをちゃんと知ろうと思ってオーディションに臨みました。

 --グリは、どんなキャラと感じたのでしょうか?

 本当に何も考えていないけど、芯が強い。ただのお気楽キャラでいくのはやめようと感じました。オーディションの時は一人でしたが、アフレコではいろいろなキャラの声優の方がいらっしゃるので、ちゃんとキャラ同士の会話を大事にしたいと考えています。すごく難しいんです。先輩たちは、私の演技をビシビシ受け止めてくれるけど、私はなかなか返せない。追いつけるようにガツガツしていきたいですね。

 --演じる中で楽しいところ、難しいところは?

 面白いのは、グリは感情の起伏が激しい(ところ)。感情のスイッチがうまく入ったら気持ちいいんです。難しいのは、グリが真面目になるところです。“芯”が見えるシーンは悩む時もあります。

 ◇視野を狭めずにいろいろ挑戦したい!

 --「WUG」は同作のオープニングテーマ「恋?で愛?で暴君です!」も歌っていますが、曲の印象を教えてください。

 サビの爽快感がすごい! 歌う際は半分“グリ成分”を……ということだったので、いつもの私とは違います。今までの曲は歌い上げることが多かったので。幅が広がりました。ライブで歌うのが、まだ恥ずかしいところもあるのですが。

 --ウェブラジオ「恋愛暴君 暴れん坊ラジオ」のパーソナリティーも務めていますが、ラジオでやってみたいことは?

 動画付きの番組なので、食レポがしたいです。単にご飯が食べたいだけかも(笑い)。食べることが本当に好きなんです。自炊はしないので、外食ばかりですが。

 --リスナーの恋愛相談コーナーもあるんですよね。

 恋愛相談を受けたことがないんです。ただ、コーナー名が「暴恋愛相談!」なので、バサッと言ってしまいます! 私は何でも思ったことを言ってしまうので。

 --今後、チャレンジしたいことを教えてください。

 スカイダイビングに挑戦したい! 飛びたい! 去年も言っていたけど、できなかったんです。

 --声優としてチャレンジしたいことは?

 自分の視野を狭めないようにしたいです。壁を作ったり、恐れずにいろいろなことに挑戦していきたいです。

 「恋愛暴君」はテレビ東京で毎週木曜深夜2時35分に放送中。BSジャパンでは8日から毎週土曜深夜0時半、AT-Xでは8日から毎週土曜午後11時半に放送。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す