「フレームアームズ・ガール」が初コミカライズ、第1巻が4月上旬に発売



2017年4月発売予定「フレームアームズ・ガール ラボ・デイズ(1)」(626円/税込)

ホビーメーカー・コトブキヤのオリジナルプラモデルシリーズが原作となる初のコミック『フレームアームズ・ガール ラボ・デイズ』の第1巻が、2017年4月上旬に発売されることが決定した。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は626円(税込)。

「フレームアームズ・ガール(FA:G)」は、同社が展開するオリジナルロボットプラモデル「フレームアームズ」のスピンアウトシリーズ。柳瀬敬之氏によるデザインの「フレームアームズ」を、『ガールズ&パンツァー』でキャラクター原案を担当した島田フミカネ氏が美少女化したイラストをもとに立体化して始まった。

この漫画は、常石ツネオ氏がペンをとり、「フレームアームズ・ガール」たちが研究室で成長していく物語を描く公式コミカライズ。ファクトリーアドバンス社の研究室で起動した轟雷が主人公で、成長型人工自我を持った彼女は、研究者や他のフレームアームズ・ガールとの交流を通じて成長する。

商品価格は626円(税込)で、現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中。商品の発売および発送は、2017年4月を予定している。なお、本商品を含むTVアニメ『フレームアームズ・ガール』の関連商品を同ショップにて5,400円(税込)購入するごとに、「ゴールデングレイヴアームズ」が特典としてプレゼントされる(なくなり次第終了)。

(C)KOTOBUKIYA / FAGirl Project



マイナビニュース・ホビー


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す