桜の写真、意外と難しいのです




撮影:筆者。うーん……

 いよいよお花見シーズン……というか、この記事が公開される頃には、関東以西ではもう散り際でしょうか。東北や北海道などでは、これからが見頃かもしれませんね。

 さて、今の季節になると、桜の花を撮影することが多くなったりします。たとえば春にかこつけた記事の冒頭でイメージカット的に使ったり、屋外で使うアイテムの背景に写るようにしたり。これだけなら、よくある話だと思われるかもしれません。季節の名物を写真に使う。当たり前のように感じられます。

 ところが桜の花の写真、これがちょっと難しい。プロのカメラマンさんに撮影してもらうなら問題はない。ただ、編集者がさっと手撮りするとなると、なかなか大変なのです。

 まず桜は、意外と色がない。あざやかなピンク色ではなく白に近かったりします。そのため、遠くから適当に撮ると、枝の茶色に負けてしまって、満開の花びらがきれいに見えないのですね。

 さらには咲き方です。たとえばヒマワリのように、「先端に大きい花がドーン」という感じではなく、太い枝に小さい花がたくさん咲くので、フォーカスする範囲を間違えると「白いのがなんだかいっぱい」雰囲気になり、いまいち、何が写っているかわからなくなってしまう。しかも風が吹いていると、花が小さいのでブレてしまい、これまた面倒。




この連載の記事


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す