磁力で浮いて走り出す! 自分で作れる「リニアモーター」電子工作キット – 価格.com




磁力で浮いて走り出す! 自分で作れる「リニアモーター」電子工作キット

2017年2月17日 16:40掲載

イーケイジャパンは、電子工作キット「エレキット」より、電気と磁石の力で浮いて走る「リニアモーターエクスプレス」を4月中旬より発売すると発表した。

リニアモーターカーを作る電子工作キット。本体とレールの左右に磁石を埋め込み、それぞれ同じ極性の磁石を組み合わせるようにすると、本体がレールから浮き上がる仕組み。外側のレールを設けていないため、横から見て、実際に浮いて走る様子がわかるという。

具体的には、側面のレールには、N極とS極が交互にならんだ磁石を取り付けており、本体には電磁石を備える。電磁石に電気を流すことで、「レールの側面とくっついたり、離れようとしたり」を繰り返し、本体が前進する。動作モードは、高速で2分間走り続けるモードと、速度(低速、中速、高速)を選んで走り続けるモードの2つを用意した。

このほか、電源は別売りの単4形アルカリ乾電池×2を使用。工作時間の目安は約3時間で、はさみまたはカッター、ニッパー、ドライバー(プラス)、ドライバー(マイナス)が別途必要だ。

列車の本体サイズは37(幅)×30(高さ)×276(奥行)mm、重量は約130g(電池含まず)。レールの本体サイズは450(幅)×34(高さ)×738(奥行)mm、重量は約570g。

価格は6,500円(税別)。

■関連リンク

製品情報




関連コンテンツ

鉄道おもちゃ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク



こんな記事もよく読まれています



コメントを残す