【日々気まぐレポ】第195回 TVアニメ「ドライブヘッド」放送開始記念!「ソニックインターセプター」で遊んでみた – iNSIDE



インサイドを御覧の皆様、こんにちは。ライターひびきがお届けする週間連載「日々気まぐレポ」、第195回目でございます。

今週はタカラトミーから発売中の「トミカ ハイパーレスキュー ドライブヘッド 01 ソニックインターセプター」をご紹介します。こちらは、4月より放送開始となったTVアニメ「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」に登場する主役メカの玩具シリーズ第1弾です。

「トミカハイパー」シリーズは、タカラトミーのミニカーブランド「トミカ」を題材にしたオリジナルのヒーローシリーズです。昨年からはシリーズ誕生10周年を記念したメディアミックスプロジェクトが展開。その中でも、従来の設定やキャラクターを刷新した「NEXT STAGE」が好評を博しており、今回それらを流用する形で新たなTVアニメ「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」がスタートした形となっています。

「ドライブヘッド01 ソニックインターセプター」も基本は「NEXT STAGE」に登場した同名商品のリデコ商品で、元々は「ハイパーブルーポリス」シリーズのアイテムでした。今回、TVアニメ化に際して「ハイパーレスキュー」のメカとして設定が一新、主役ロボットとして大抜擢されています。


商品は本体となる大型車両「ソニックインターセプター」、いわゆるコアメカである「ソニックバイパー」に加え、オプションとして付属している各種武装という構成。このうち、ソニックインターセプターはブロックごとに分解されているので最初に遊ぶ際は組み立てる必要があります。

ソニックインターセプター カーフォームは基本的には移動形態。転がし走行ギミックの他、ソニックバイパーをフロントに搭載することも出来ます。また説明書にはありませんが、ソニックワッパーを介さずにパトランプブーメランを装着することで、ハイパーブルーポリス版のソニックインターセプターとして組み立てることも可能です。

そしてお待ちかねの変形!ソニックインターセプター ウォーカービークルフォームへは完全変形(武装パーツを除く)が可能。人型のメカとしてのシルエットも申し分なく、劇中のイメージ通りのスタイルを楽しむことが出来ます。

可動もこの手の玩具としてはかなり優秀で、様々なポージングを自由にキメることができます。武装はお馴染みのパトランプブーメランのほか、TVアニメ版ソニックインターセプターの専用装備としてリボルバー式ピストル、ソニックワッパーが付属しています。特にソニックワッパーはアームが展開可能なほか、専用ステイを介することで背中に装備しておくことも可能です。

武装オプションが追加され、さらにプレイバリューの増したソニックインターセプター。この他、別売りのサポートビークルとの合体ギミックなども用意されており、今後発売が予定されている「ソニックジェット」といったサポートビークルも追ってレビュー致しますので是非お楽しみに!

TVアニメ「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」は、この春に新設されたMBS/TBS系列のアニメ放送枠「アニメサタデー630」の第2部にて放送中。

「トミカ ハイパーレスキュー ドライブヘッド 01 ソニックインターセプター」は発売中。価格は4,860円(税込)です。

(C)TOMY/ドライブヘッド・TBS

■筆者紹介:ひびき
関西在住のゲームやアニメ、おもちゃが大好きな駆け出しひきこもり系ライター。そのシーズンに放送されているアニメはすべて視聴する暇人。ゲームのプレイは基本的にまったりじっくり遅い方。2012年からINSIDEにてライター活動を開始。お仕事はTwitterと個人サイトにて随時受付中。

Twitter:@hibiki_magurepo
個人サイト:日々気まぐれ屋(http://ogsaga2.rosx.net/)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す