21:9の縦長スマホを先んじて出していたAcerの奮闘 – ASCII.jp




 台湾のPCメーカーとして有名なエイサー(Acer)。PCでは世界シェア上位の常連組ですが、スマートフォン事業は未だに頭角を現せていません。PCと共に歩んできたエイサーのスマートフォンの歴史を振り返ってみましょう。

ポストPCを目指してスマートフォン市場に参入

 エイサーがスマートフォン市場に参入したのは、2009年と比較的後発の部類に入ります。すでに、ほかの台湾メーカーは2006年ころからWindows Mobile OSのスマートフォンを送り出していましたし、市場ではすでにiPhone 3Gがアプリストアを引っ提げて、新世代スマートフォンの時代を切り開きはじめた時でした。




この連載の記事


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す