日馬富士 貴ノ岩のスマホ操作に激高 繰り返し殴打か – NHK



大相撲の横綱日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行した問題で、日馬富士は、先輩力士に対する言動を注意された貴ノ岩が、その間もスマートフォンを操作し続けたことに激高し、繰り返し殴っていたことが複数の関係者の話しでわかりました。

この問題は、大相撲の横綱日馬富士が、巡業先の鳥取市に入った先月25日の夜に、飲食の席で貴ノ岩を殴るなどしてけがをさせたもので、貴ノ岩は、九州場所を休場し、13日に頭の骨を折るなどのけがで2週間の治療が必要という診断書を提出しました。

複数の関係者によりますと、日馬富士は、酒が入った飲食の席で貴ノ岩に先輩力士に対する日頃の言動について注意していたところ、その間も貴ノ岩がスマートフォンの操作をし続けたことに激高して、ビール瓶などで殴ったということです。

現場には横綱白鵬や鶴竜など複数の力士と鳥取の相撲関係者などが同席し、日馬富士を止めようとしたにもかかわらず、貴ノ岩を殴り続けたということです。

日馬富士は、14日から左ひじ付近の炎症を理由に休場していて、福岡県太宰府市にある伊勢ヶ濱部屋の宿舎で行われた朝の稽古には姿を見せませんでした。一方、福岡県田川市の貴乃花部屋の宿舎では、朝の稽古は公開されず、貴乃花親方は正午前、報道陣には何も話さずに宿舎を出ました。

相撲協会は、九州場所が終わるのを待って、日馬富士や貴ノ岩に加えて、同席した力士などにも事情を聞くなどして、トラブルの原因や暴行に至った経緯など事実関係を調査し処分を決める方針です。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す