タブレット端末を使用して住民票等の証明書の申請ができるサービスを開始しました=沖縄県南城市 – 時事通信



 南城市の大里庁舎でタブレット端末を使用して住民票等の証明書の申請ができるサービスを平成29年10月27日から開始しました。

【概要】
 マイナンバーカードをかざして操作することで従来の申請書の記入が不要。
 操作を完了すると自動でプリンターから証明書が印刷されるため、、受け取りまでの時間が短縮される。また、証明書交付サービス(コンビニ交付)と同様の画面遷移になっており、利用することでコンビニ交付の操作方法を覚えることができる。
 タブレットには地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が提供する「申請ツール」を使用。「申請ツール」の稼動は全国では2例目、沖縄県では初。

【目的】
証明書交付の迅速化。
マイナンバーカードを所持していながら証明書のコンビニ交付の操作方法が判らずに来庁する方の操作方法習得。

【取得できる証明書】
住民票の写し、住民票記載事項証明書、印鑑登録証明書、
戸籍全部(個人)事項証明書、戸籍附票の写し、
所得証明書、市民税・県民税課税(非課税)証明書

【利用可能日時】
平日、業務時間内

【交付手数料】
窓口と同額

(2017/11/15 14:39:44)

【自治体便り記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す