2018年の新iPhone、1機種は金属製ボディを採用? – AppBank



2018年の新iPhone、1機種は金属製ボディを採用?

Appleは2018年に3つの新型iPhoneを発表する、と噂されていますが、そのうちの1機種はボディが金属製になるようです。

画面は6.1インチ?

噂によると、2018年の新型iPhoneは2機種が有機EL画面搭載、残る1機種が従来型の液晶画面を搭載します。今回の噂は、液晶画面を搭載する機種についてのものです。

画面は6.1インチだとしており、事実であれば『iPhone X』や『iPhone 8 Plus』よりも大型です。以前の噂でも6インチ超とされていました。

有機EL画面を搭載する2機種については、1つが5.8インチ(iPhone X相当)、もう1つは6.2か6.3インチになるとしており、iPhone Xの「Plus」版のようなサイズになるかもしれません。

3つの新型iPhoneはいずれもTrueDepthカメラを搭載し、顔認証機能のFace IDに対応すると噂されています。

おそらくホームボタンも無くなるので、6.1インチ画面を搭載しても、本体の大きさはiPhone 8 Plus相当に留まり、iPhone Xのように前面の大部分が画面になりそうです。

iPhone 7のような金属製ボディを採用?

6.1インチ画面を搭載するiPhoneは、背面にガラス製パネルを搭載するiPhone X/8とは異なり、側面と背面からなるボディは『iPhone 7』のような金属製になるようです。

カラーバリエーションは不明ながら、いくつかの色が用意されると噂されています。

ボディの素材が変わるという噂はこれまでにありませんでした。

もし素材が変わるとすれば、気になるのはワイヤレス充電への対応です。

Appleは、iPhone X/8でガラス製背面を採用した理由として、ワイヤレス充電への対応を挙げています。金属製ボディでもワイヤレス充電対応のスマートフォンはありますが、充電効率の低下を避けるため、Appleはガラスを採用したと考えられています。

ウェブサイト『Mac Rumors』は、iPhone 7のような金属製ボディになればワイヤレス充電は利用できなくなる可能性がある、と推測。そのうえで、Appleが将来のiPhoneから重要な新機能の1つを取り除く、一歩後退するような決定を下すのかは不透明、と分析しています。

この6.1インチiPhoneの価格は650〜900ドル、73,000〜101,000円ほどになるとするもあります。

参考

Apple’s Rumored 2018 6.1-Inch Lower-Cost iPhone With LCD Display Could Feature Metal Back – Mac Rumors



Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 73.8 MB
・バージョン: 4.4

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す